【Mr.Children】クマログで書いてきたアルバム別記事一覧はこちらから

スポンサーリンク
Mr.Children
スポンサーリンク

これまでMr.Childrenの作品について触れ、全てのアルバムについてに感じた事や考察記事を執筆。

サイトの順番的に見辛い部分もあった為に、一覧として触れられるようにまとめました。

 

キュレーションサイト「グノシー」や「スマートニュース」にて紹介された記事や、おススメしたい記事も合わせて紹介しています。

 

アルバム発表順にまとめていますので、ぜひこちらのリンクから、ご覧ください。

 

 

「EVERYTHING」「Kind of Love」「Versus」

今頃になってようやく初期のMr.Childrenを真面目に聴き始めた理由。
Mr.Childrenの初期アルバム『EVERYTHING』『Kind of Love』『Versus』をようやく真面目に聴き始めた僕。 彼らの知らなかった音を一つひとつ丁寧に聴いて気づく、新たな発見。
 

「Atomic Heart」

【Mr.Children】Atomic Heartが開放する、狂気と切なさ。
Mr.Children最大のヒットアルバムであるAtomic Heart。このアルバムには一人の人間が力に飲み込まれていく、狂気と切なさが詰まっているという解釈。

 

「深海」「BOLERO」

【Mr.Children】深海とBOLEROに用意された椅子。手を伸ばす桜井和寿。
Mr.Childrenが残した印象的な作品である深海とBOLERO。そこに登場する二つの椅子に、彼は縛られていた。両作品を通して聴き、初めて見える物がある。

 

・「DISCOVERY」

【Mr.Children】DISCOVERYがロックな作品であるという誤解と真実
Mr.Childrenが活動再開後にリリースした『DISCOVERY』どこがロックなのか?をテーマに考察してみました。

 

・「Q」

【Mr.Children】Q ジレンマと弱さを抱えた歌い手の成長の物語
Mr.Childrenの異色作『Q』 これは一人の人間が成長する感動の物語。難解な作品という皮をかぶった、純粋な愛が表現された作品を考察。

 

・「IT’S A WONDERFUL WORLD」

Mr.Children『IT'S A WONDERFUL WORLD』改めて聴き感じた、桜井和寿の願いと復讐。
IT'S A WONDERFUL WORLDの人気の秘密と世界観を再考察!ミスチル好きなら絶対好きになる理由がここにあった!

 

・「シフクノオト」

Mr.Children『シフクノオト』自己の歌から他者への歌へ
ポップ再検証へ動き出したMr.children。彼らの歌う目的が『自分たち』から『他者』へと向かい始めた。POPを超えたPOP『シフクノオト』を聴く!

 

・「I LOVE U」※2019年3月 キュレーションサイト「グノシー」にて紹介されました。

Mr.Children 『I LOVE U』愛の皮を被った日常賛歌
Mr.childrenが歌う愛。『I LOVE U』という、愛の皮を被った日常賛歌。音楽やリスナー、そして自分の日常を愛する事の大切さを教えてくれるアルバムを徹底考察!

 

・「HOME」

Mr.Children 『HOME』自身の許容、温かさの共有
Mr.Childrenが辿り着いた着地点。リスナーとのPOPミュージックの共有。長く旅を続けた彼らはようやく、HOMEへの帰路へつくことができた。

 

・「SUPER MAREKT FANTASY」

Mr.Children 『SUPERMARKET FANTASY』音楽の魔法にかけられて
最高に突き抜けたPOPミュージックの到達点。消費される喜びと音楽の魔法に包まれた名盤。あなたの日常がモノクロからカラフルに変わるその瞬間はこの1枚に詰まっている。

 

・「SENSE」

Mr.Children『SENSE 第一部 』深海からの脱出
感覚を信じ虚像を超える。Mr.Childrenが自らのSENSEを信じ、今POP再検証を終わらせる。
Mr.Children『SENSE 第二部』虚像を乗り越えた感覚の世界
POP再検証に終止符を打つSENSE。力と希望に溢れた彼ららしい楽曲を徹底考察!
Mr.Children『SENSE 第三部』 終わりと始まり
Mr.Childrenが自らの存在を乗り越えた旅路。過去を振り返り、希望を歌ったツアーに迫る。

 

・「[(an imitation) blood orange]」

【Mr.Children】私が[(an imitation) blood orange]を聴かない(聴けない)理由 前編『二つの夢』
桜井さんからこぼれる辛さと弱音。こんなにも彼の辛い心情を感じるアルバムは無い。『2つの夢』と共に、希望と願いの作品を徹底考察。
【Mr.Children】僕が[(an imitation) blood orange]を聴かない(聴けない)理由 後編『希望のまがい物』
『2つの夢』を超えて桜井さんが見た光とは。自身を犠牲にしても、私たちに優しい希望を提示してくれる1枚を考察。

 

・「REFLECTION」

Mr.Children『REFLECTION 第一部』 限りない夢と現実、欲望の世界
夢と現実、欲望。そして宗教や哲学感を合わせた大傑作『REFLECTION』を徹底考察!
Mr.Children『REFLECTION 第二部』大空へ飛び立つ鳥
現実と夢の中からもがき、光を見つけようとする桜井さん。夢から抜け出し、大空へ羽ばたく鳥へ変わる事はできるのか。鍵となる楽曲を考察!
Mr.Children『REFLECTION 第三部』未来へ託す夢
Mr.Childrenが夢と現実を超え、自分を乗り越える。その最後の扉を開いた時、鳥は大空に羽ばたいていく。彼らの全てを詰め込んだ楽曲を徹底考察!

 

・「重力と呼吸」2019年4月 キュレーションサイト「スマートニュース」にて紹介されました。

Mr.Children『重力と呼吸 前編』最大の挑戦作で聴き手のための歌をやめた理由とは?
『重力と呼吸』で桜井さんが他者の歌をやめた理由。「himawari」にはそんな悲しくも、挑戦的な思いが込められているという考察。
Mr.Children『重力と呼吸 後編』聴き手のための歌をやめ、僕の歌と君の歌を唄う理由
【重力と呼吸】彼が唄うのは聴き手への歌ではなく『僕の歌』と『君の歌』 作品ではなく思いを聴くアルバムを徹底考察!

 

 

・「桜井和寿について」

【Mr.Children】旅立ちの唄が桜井和寿にとって重要な楽曲の理由『もう一人の自分』
Mr.Childrenの『旅立ちの唄』これはもう一人の自分との優しい別れの唄。HOMEで共有された、彼の音楽への思いがここにある。
【Mr.Children】桜井和寿がbirthdayで気付いた『本物』の意味とは?
Mr.Childrenの新曲『Birthday』で桜井和寿が気付いた本物とは?Birthdayを聴いて考えた本物の秘密。
桜井和寿が沈んだ深海、星野源が閉じこもった小屋。【二人がポップミュージックのど真ん中に戻った理由】
桜井和寿と星野源が抱えた闇とは?Mr.Childrenと星野源という虚像を背負った彼らが、今も音楽を鳴らし続ける強さの理由。

※2019年11月 キュレーションサイト「スマートニュース」にて紹介されました。

 

・「田原健一について」

【Mr.Children】田原健一が鳴らす、彼にしか出せない音【僕のHERO】
【Mr.Children】のギタリスト、田原健一。大ファンの僕が知っている彼の最高の魅力を紹介。

 

 

・「映像作品について」

【Mr.Children】おススメDVDランキング!【全観賞の僕が紹介します】
Mr.ChildrenのDVDって何を最初に買えばいい?そんな悩みにお応えするこの記事。全作品観賞の僕がおススメするランキング!

 

・「筆者おススメ」

Mr.Childrenを20年間聴き続けた野郎が童心に還った夜【Mr.Children Dome Tour 2019 “Against All GRAVITY”】
東京ドームで行われたMr.Childrenの『重力と呼吸』ツアー。彼らの気迫とプライドと思いが溢れた最高の瞬間の記録。
【Mr.Children】深海に連れてってくれよ、桜井和寿。
深海を完全集中して聴いた結果…評価や名盤を超えて最高だった話。
【Mr.Children】面倒なミスチルファンのタイプ別対応策まとめ
面倒なミスチルファンを撃破するタイプ別対応を紹介!めんどくさいファンはどんどん蹴散らそう。

 

いつも読んでくださり、ありがとうございます!

これからもマイペースではありますが、Mr.Childrenについて綴っていきたいと思います。

ぜひ、また立ち寄ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました