無印良品の商品をAmazonで購入する6のメリット【超便利!】

スポンサーリンク
無印良品
スポンサーリンク

 

無印良品の一部商品が、Amazonでも購入可能となった。

 

けれど、無印良品のネットストアで購入するのと何が違うの?と思う方もいるかもしれない。

 

今日はそんなAmazonで無印良品の商品を購入する6つのメリットを紹介しよう。

 

Amazonで無印良品の商品が購入可能に

この記事を書いている人

この間ひょんな思い付きから家にある無印良品の物を数えてみたら、合計300種類という驚きの結果になった筆者。10年間続けて使っていたらこんな感じになった。

 

 

 

無印良品を運営する株式会社 良品計画は5月1日のニュースリリースにおいて『約250品目の商品をAmazonで販売する』ことを発表した。

 

その理由として、新型コロナウイルスが流行している現在において実店舗が営業をストップしていることを挙げている。

日頃から僕たちの生活を充実させてくれている無印良品の商品を、少しでも手に取りやすくしてくれる工夫は、消費者からすれば嬉しいことだ。

 

 

今後も取り扱い商品は増えていく様で、コロナによる一過性の取り組みでは終わらないようだ。

 

無印良品 @ Amazon.co.jp
Amazon.co.jpで無印良品のオンラインショッピング

現在取り扱いしている商品は、こちらのリンクから確認できる。

 

まだ大人気のカレーなどは無いようだが

・化粧品

・寝具

・小物収納用品

・小型家具

などが購入できます。

 

 

では、無印良品の公式ネットストアで購入するのでは、どの部分が違うのだろうか。

 

Amazonで無印良品の商品を購入するメリット

配送が早い

お届けにかかる日数について | 無印良品

無印良品のネットストアで商品を購入した場合、最短で2~9日程と記載されている。

 

これがAmazonでの配送の場合、更に早く配送することができる。

Amazonでお急ぎ便を使用した場合、地域にもよりますが12時までの購入で最短当日に配達される様になる。

本州であればオプションで510円を支払えば当日に配達してくれ、AmazonPrimeに入っていればお急ぎ便は無料だ。

 

災害等で実店舗が営業していない場合、このサービスは助かると思う。

どうしても明日までに欲しい!というシチュエーションの場合、利用しない手は無いだろう。

他の商品と合わせ配送料が無料になる

配送料区分と配送料について | 無印良品

無印良品のネットストアで商品を購入した場合の配送料だ。

小物商品に対しては、配送料は500円かかる。

 

Amazonであれば税込み2,000円以上の商品購入で、配送料は無料だ。

現在Amazonで販売されている無印良品の商品ラインナップで500円以下の物は少なく、2~3点購入すれば大体2,000円は超えると思う。

そうでなくてもネットで購入する時は、大体2,000円は超えてくるケースが多いため問題ないと思う。

 

配送料に対してハードルが下がることで、ネットで無印良品の商品を買いやすくなる。

 

置き配ができる

配送に関して無印良品ネットストアで購入したものは、当然ですが玄関先まで運んでくれる。

しかし今のコロナウイルスを取り巻く社会の中、宅配ロッカーへの投函や玄関先に置いた状態で宅配を完了させる需要はとても高まってる。

 

それ以外でも日中は仕事で忙しく、タイミングよく受け取れない場合はAmazonの置き配システムがとても便利だ。

置き配の設定はAmazonのサイト注文画面で簡単に選択できるので、面倒な手続きも必要ない。

 

無印良品のネットストアには無いサービスを、Amazonで利用できる部分が大きなポイントだ。

Amazonのポイントが使える

Amazonで無印良品の商品を購入した場合、Amazonアカウントに貯まっているポイントを使用できるのも大きなメリット。

 

無印良品にもMUJI Passportというアプリ内や、ネットストア内のポイントを使用できる。

しかしそのポイントは、無印良品の商品購入100円につき1ポイント(1マイル)。

 

よほどの無印良品ヘビーユーザーでない限り、正直還元率は良いとは言えないだろう。

実際5万円の家具を購入しても500円の割引になるだけで『20,000円で300ポイント』『50,000円で500ポイント』と、あらかじめ決められたランクに到達しないと金銭的に使用できないシステムなので使いにくい。

無印良品が好きな僕でも、正直魅力を感じない。

 

これに対しAmazonは消費者の日用品、衣服、ガジェットなどを幅広くカバーしており無印良品より圧倒的にユーザーが多く、1人あたりの年間での購入金額は恐らくほとんどの方がAmazonのほうが高い金額を支払っているのではないだろうか。

 

今までAmazonで購入したポイントを使えるのは大きなメリットであり、即金性があるシステムを利用した方が良いと僕は考える。

 

日常で貯めていたAmazonポイントを、無印良品の商品購入に使ってしまおう。

 

無印良品ネットストアに在庫が無い場合でもAmazonでは在庫がある場合がある

無印良品は独自にネットストア用の在庫を持っている。(これまでそこから発送していたので)

今回Amazonで無印良品の商品販売がスタートしたが、Amazonで販売されている商品は全てAmazonの商品在庫センターから発送される。

 

 

 

上記はAmazonでの商品画像。

『この商品はAmazon.co.jpが販売、発送します』と記載されている。

 

つまり梱包や流通、販売に対してはAmazon側で責任を持っているという事。

 

その為、無印良品のネットストアに欲しい商品在庫が無い場合も、Amazonの方ではあるという状況が発生する可能性がある。(当然逆のケースもある)

 

その為、欲しい商品に対しての入手方法が増えるという事になる。

公式のネットストアに在庫が無い場合は、Amazonものぞいて在庫をチェックしてみるのも良いかもしれない。

 

Amazonで無印良品の商品を購入する場合の注意点

公式以外の商品が販売されている

Amazonのページを開いた場合、全てがAmazonが供給している無印良品のページが閲覧できる訳ではない。

なぜなら、マーケットプレイス(個人事業主や他の販売業者)で無印良品の商品が出品されている事もあるからだ。

 

試しにAmazonで無印良品の化粧水が欲しいと思い『無印良品 化粧水』と検索する。

 

 

 

するとどうでしょう。

『Amazonが供給している物』『マーケットプレイス供給商品』『無印良品ではない商品』

3種類の商品が出てくる。

 

 

 

もう少し画面を広げるとこんな感じに。

どうだろうか。どれがAmazonが出品している商品か、ぱっと見た際非常にわかりづらい。

 

無印良品公式ネットストア

Amazonが出品する商品

マーケットプレイス出品商品

 

当然出品元が違うため、梱包や発送、配送最短日や配送料金も異なる。

商品にトラブルがあった場合の対応や返品先も異なり、最悪偽物や粗悪品を購入してしまう危険性がある。

 

 

それを見分ける表示として、無印良品ネットストアでは以下のように明文されている。

* Amazonは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
* 当社がAmazonで販売する直販商品をご希望の場合は、商品詳細ページに「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と記載のある商品をお探しください。

良品計画公式HP内より引用

Amazonの商品ページでここの赤丸の部分。

この明記があれば、Amazonが出品している商品という事になる。

 

 

先ほども説明をしたこの部分をしっかりと確認して、購入するようにしよう。

 

Amazon出品の商品は無印良品週間の対象外

無印良品週間とは、無印良品の商品が一部を除き一律で10%OFFになるお得な期間。

無印良品ユーザーは、この期間を狙って買い物をすることが多い。

 

年に4~5回あるキャンペーンなので、この期間に商品を購入できればお得なのだが…

 

当然だが、Amazon出品の商品はAmazonが販売しているので、無印良品対象外だ。

なので通年定価で購入することになる。

 

Amazonで無印良品の商品をお得に購入しよう

現在は250品目と少し少なめですが、それでも日常生活で役立つアイテムを中心に揃っている。

Amazonで商品展開がされれば無印の売り上げも上がり、今後取り扱いアイテムは更に増えていく事が予想される。

 

Amazonで購入できる商品は、ぜひお得に購入したい。

 

【無印良品】ステンレスバスケットはどの部屋でも仕事できる奴。

 

【無印良品】ステンレスユニットシェルフで収納アレンジ!【組立方法あり】

コメント

タイトルとURLをコピーしました