【手作り】ファブリーズやめてアロマオイルで自作【圧倒的に安い】

スポンサーリンク
ライフハック
スポンサーリンク

 

皆さん、自宅の消臭剤は何を使用していますか?

 

僕はファブリーズを使用していました。

 

 

しかしコスト安全性を考え使用するのをやめたところ…

 

結果として劇的に安くなり安全にガンガン使える様になりました。

 

まだ既製品を買っているのであれば、一度やってみてください。そのコスパと効果が、きっとすぐに実感できます。

ファブリーズをやめて手作りした3つの理由

ある日のこと

 

妻「そんなに使って大丈夫なのそれ・・・?」

僕「大丈夫だよ!ほら赤ちゃんにも安心て書いてあるし・・・」

(そういえば使い過ぎな気もするけど・・大丈夫なのかなこれ)

 

当時の僕は何も深く考えていませんでした。

便利に手に入って、皆使っているからと。

 

ですが妻の言葉を受け色々と考え、自分で作ろうと決意!

やめようと決意した3つの理由を話しますね。

 

ファブリーズに入っている不可解な化学物質

f:id:mori-no-kuma:20191029213921j:plain

ファブリーズの主成分を見てみると

『トウモロコシ由来消臭成分』や『除菌成分Quat(クウォット)』と記載があります。

 

トウモロコシはわかりますがその先が知りたいですね。消臭成分・・

 

クウォットに関しては第4級アンモニウムという物質総称らしく

ウイルスなどの細胞膜を破壊するそうです。勿論、人体にも悪影響があるそうで。

 

調べてみると・・・

皮膚障害、殺精子作用、発がん性、妊娠率低下、肝臓障害、アトピー性皮膚炎など

多くの影響を確認しました。

 

調べて初めてわかる危険性のある物質を日常何も考えず使用すること。

CMや広告の影響をそのまま受けていつしか当たり前に脳に刷り込まれること。

 

私は考えました。自分のために。周りの人、モノのために。

 

ファブリーズは自作じゃないとコストが高く用途が限定される

本体をドラッグストアで購入すると、地域や店舗によって勿論差はありますが

大体370mlのボトルでおおよそ300円と思います。

後に出てきますが、中身を自作することによりかなーり安く抑えられます!

 

気兼ねなく日常でガンガン使えて嬉しすぎる。

 

これ、日常生活品においてかなり重要ポイントかと。

又、当たり前なのですが消臭剤なので基本用途は布製品のみです。

これから作る方法だと、布製品の除菌やキッチン周りなど掃除日常の簡単な

掃除にも使用できます。(あくまで個人の使用用途です)

 

ファブリーズは自作じゃないと好きな香りやデザインを選べない

買ってきて家に置くと当たり前ですがパッケージの主張が強いです。

当然です、様々なメーカーの商品が並ぶ店頭の棚に置かれた中で

僕を買ってくれ!と物凄い主張の子を自宅にお招きしたのですから。笑

 

そんな自己主張の強い騒ぐ元気な子だらけの家はどうなりますか?

当然散らかり放題ですよね(笑)

 

また、メーカー商品によって香りが決まっています。

加えて近頃の世間に溢れている香り商売。どのCMも

「素敵なフレグランスを・・」「入れるだけでお部屋にフローラルの・・」

「1週間香りが・・」「電車のその汗・・」

 

もうこんな宣伝文句、うんざりですよね。

 

勝手に押し付けられる匂い程、嫌な物はありません。 

自分で選択できるのですから好きな物を選び、使用したいです。

ファブリーズを手作りした【超簡単レシピ】

f:id:mori-no-kuma:20180903010610j:plain

手作りファブリーズの材料

精製水450ml(水道水でも可)

無水エタノール30ml(消毒用でも可)

精油5~6滴

 

があれば作ることができます!どれも日常で簡単に手に入る物です。

 

水と製油は混ざり合わないので「先にエタノールと製油を混ぜる」

これがポイントです。

各量はお好みで替えてください。

精製水とエタノールはドラッグストアで。精油はコストパフォーマンスが高い無印良品で購入をしています。右側のハッカ油は健栄製薬の物。 

 

 

ファブリーズを手作りしたメリット・変わったこと

手作りなら安全性・危険性を自分で知ることができる

f:id:mori-no-kuma:20180903011710j:plain

「自分で調べ把握する、自分でより安全な選択肢を選ぶ事ができる」

これが僕にとって、何よりの大きなポイントでした。

メーカー側の開示情報、広告だけを上辺だけ信じ使用する。これはもうやめました。

 

勿論自作にもアルコールの副作用など注意しなければいけない点はいくつかあります。

アルコールも過度に皮膚、経口接触すると疾患が出たり荒れる場合があります。

ですが気をつけて使用すれば大丈夫です。

 

知る事。選択肢を得る事。

 

手作りなら好きな香り・ボトルが選べる

これもナイスなポイント。無印良品はアロマオイルの種類も豊富

大体40~50種用意されています。

その季節、時間帯、用途によって好きな量を使い分ける事ができる。

 

f:id:mori-no-kuma:20191029213314j:plain

エタノール入っているので汚れた場所にも使えます。

個人的にはキッチンにミント系や柑橘系の匂いを加えて掃除をすると、害虫対策にもなり夏はオススメです!良い!

 f:id:mori-no-kuma:20180903010624j:plain

『リビングでゆったり安らぎたい時』

ラベンダーとオレンジをブレンド

 

f:id:mori-no-kuma:20191019003010j:plain
『キッチンを清潔に保ちたい時』

ペパーミントとグレープフルーツをブレンド 

 

f:id:mori-no-kuma:20191008151617j:plain『トイレを居心地の良い空間に』

ひのきとユーカリブレンド

 

そして無印良品のアロマオイル精油100%で化学物質無しです。

CMや広告等を打っていないので商品の価格が抑えられています。

そういうの、好きです。

 

ボトルも好きな物やインテリアに合うものを選ぶことができます。

僕の家にはインテリアに特に大きなこだわりはありませんが、なるべく自然でゆったりできる様な家具やコーディネートを目指しています。 

そんな意味でも小物選びは重要になってきます。満足!

 

手作りならコストが超安価

f:id:mori-no-kuma:20191029213321j:plain

先ほども書きましたが

ドラッグストアで販売しているメーカー商品は370mlのボトルでおおよそ300円

これが500ml150円程度になりました。

毎日使うものですのでそりゃ安い方が嬉しいです。

 

因みに最近P&Gさんが発売した

『ファブリーズ ナチュリス』

370mlでおおよそ650円ですので、500mlに換算すると900円

 

 

100%自然の香りという事でラベンダー&ユーカリ等の香りが発売されていますが、自作であれば香りも選べて自然由来成分で尚且つ激安です。

 

自作の150円

メーカー発売の900円(同容量換算)

 

 どちらを選びます?

 

 

何より「自分で選んだものに対して満足した対価を支払っている」という事が

より満足感を得られます。

 

ファブリーズを手作りする生活

f:id:mori-no-kuma:20191029213325j:plain

アロマオイルで自作。小さな事ですが良い気分になりました。

効果はもちろんの事です。使う度に物に愛着が沸いてきたりもします。

 

僕は特別オーガニック製品推奨派とかそういった訳ではないですが、無理やり与えられる物だけで生活をしたくありません。

 

メーカーはとにかく買ってほしい訳ですから、良い所だけを宣伝します。

宣伝が街に溢れかえるので皆にとってそれが当たり前になり、知らない方が異質な空気を作り上げます。

 

政策や商品、娯楽や国民の関心ごとなどたくさんの事に共通する事だと思います。

選択肢を持たれるのが一番恐いんです。

 

自分の人生や生活の事はしっかり知り、選ぶ。

そんな事を自作消臭材から改めて感じさせられました。

 

皆さんもよければ是非!お気に入りの香りで気持ちの良い毎日を!

www.housework-kuma.com

www.housework-kuma.com

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました