東京事変のおススメアルバムは?【新作ニュースを聴く前に聴きたい】

スポンサーリンク
MUSIC
スポンサーリンク

 

東京事変

 

音楽が好きな方なら、名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

公式HP 黒猫道 特設ページから引用

椎名林檎がソロ活動を一度ストップさせ、自身の新たな音楽活動として選んだバンドです。

 

バンドメンバーは写真左から

ドラム   刄田綴色

ベース   亀田誠治

ボーカル  椎名林檎

ギター   浮雲

キーボード 伊澤一葉

 

 

2020年に『再生』と題して活動を再開して、最近話題になっていますね。

僕の周りでも作品を聴いてみたい!という声を多く聞きます。

 

けれど、どのアルバムから聴いたらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

今日はそんなあなたに

『東京事変のおすすめアルバム作品』

を紹介していきますね!

 

 

東京事変のおススメアルバム!

 

第5位 教育 (1st アルバム)

記念すべき東京事変としての1stアルバムがこの『教育』

 

初期メンバーのH是都M(キーボード)、書海幹音(ギター)が在籍していた頃の作品です。

ファンの中では、このアルバムこそが東京事変という声も多くありました。

 

元々椎名林檎のソロツアーである『雙六エクスタシー』から結成されていたバンドで、翌年に東京事変としてデビューし、この『教育』を発表しました。

多岐に渡るジャンルをまたいだ楽曲が作品内に散らばっており、技術やパフォーマンスに長けたメンバーの個性も爆発しています。椎名林檎曰く『おもちゃ箱をひっくり返した様な作品』に仕上がっています。

 

その為、現在のポップなイメージがある東京事変とは違い、どちらかというと初期3部作(無罪モラトリアム、勝訴ストリップ、加爾基 精液 栗ノ花)を制作した頃の椎名林檎の音像を踏襲している感がある作品です。

 

大衆的に寄り添いポップでありながらもオルタナティブロックな要素も用いていて、ソロで一度自分のできる音楽をやりきった椎名林檎が新たな表現方法としてバンドを選んだマインドが感じられる一枚です。

 

ファンなら間違いなく愛している『群青日和』をはじめ『遭難』『駅前』『御祭騒ぎ』『母国情緒』など、おススメ曲が散りばめられています。

 

created by Rinker
ユニバーサル ミュージック (e)
¥1,975(2020/06/05 22:24:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

第4位 娯楽 (3rd アルバム)

第4位は、バラエティ番組のひな壇にメンバーが座っているジャケットが印象的な『娯楽(バラエティ)』

 

このアルバムは前作『大人(アダルト)』から一転した印象の作品となっています。

リズム感、楽曲の構成、音楽ジャンル、変幻自在の演奏、全てが掴みどころがなくメンバー自体が音楽制作において楽しんでいる様な作品。まさにバラエティに富んだ1枚です。

 

今回椎名林檎は、他者が持ち寄った楽曲で存分に歌唱したいとの意向で作曲には参加していません。

1曲だけを除き、残りは全て伊澤一葉と浮雲の作曲となっています。

 

この2名は『教育』でデビューした初期のメンバー(H是都M、書海幹音)と音楽性が異なるせいもあってか、当初のファンからは加入に対して様々な声があがっていました。

しかし今は第1、2期と共にファンから愛されており、やはり彼らの実力と音楽に対する気持ちがファンの気持ちを高めていったと感じています。僕は7人のメンバー全員が大好きです。

 

『娯楽(バラエティ)』に収録されている『OSCA』『某都民』(浮雲作曲)はライブではファンから大きな歓声やレスポンスなどがあり、『SSAW』『キラーチューン』(伊澤一葉)などは彼しか書けない曲だと個人的に感じています。

結果的にメンバーの個性が、存分にして自由に発揮されたアルバムがこの『娯楽(バラエティ)』なのではないでしょうか。

 

個人的によく聴く曲は『私生活』『OSCA』『黒猫道』『某都民』『SSAW』です。

一周通して聴きなおすと、新たな発見がある楽しいアルバムですね。

 

created by Rinker
ユニバーサル ミュージック (e)
¥2,722(2020/06/05 22:24:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

第3位 大発見 (5th アルバム)

第3位は、現状で東京事変としての最後のフルアルバムとなっている『大発見』です。

 

この作品のテーマは椎名林檎曰く『東京事変のスタンダード』です。

活動を起承転結で喩えるなら、起の『大人』、承の『娯楽』、転の『スポーツ』。

そして東京事変の活動として総括した結である『大発見』

 

椎名林檎でよく登場するシンメトリー表現を用いて、作中の楽曲タイトルは副題を除くと全て全角7文字に揃えられています。

作曲も刄田綴色以外の4名がクレジットに名を連ね、まさに全員で力を結集させて制作された作品となっています。

 

個性的なプレイでバンドには無くてはならない存在のドラムの刄田綴色も、ベース亀田誠治と要所を抑えるイメージで意見を出し合いグルーヴをつくりあげていきました。

『スポーツ』で重要視された感覚的なイメージとは異なり、求める音像に対して個々が力を合わせていった作品となっています。

ベース亀田誠治の「作品の為であれば奴隷になる」という言葉が表す様に、最高の東京事変を目指して作られた結晶がこの『大発見』です。

 

とはいえなぜ僕がこのアルバムを3位にしているか。

 

それは上記で解説した通り、総集編という位置づけになっている為、ある程度東京事変の音楽に触れてから耳にしてほしいと思ったからです。

フルアルバムとしてはこの作品を最後に、東京事変は一度解散します。

いきなり『大発見』を聴いてしまうと、彼らの意図や音楽性が深く解釈できないまま作品のイメージがイマイチ…となってしまう可能性があります。

この作品は聴き込めば聴き込むほど味が出てくる音であり、一度ハマると抜け出せない沼だと考えています。

 

そんな中での個人的おススメ楽曲は『新しい文明開化』『電気のない都市』『恐るべき大人たち』『かつては男と女』『空が鳴っている』ですね。

 

created by Rinker
ユニバーサル ミュージック (e)
¥2,722(2020/06/05 22:24:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

第2位 大人 (2nd アルバム)

第2位はこちらのアルバム。『大人(アダルト)』です。

 

パッケージから伝わるアダルト感。この作品はロック、ジャズ、ファンク、ボサノバ、ソウル、ポップなど様々な視点からアプローチされた楽曲が詰まっています。

まさに超絶技巧バンドである東京事変であるから再現できる音とグルーヴを備えたオトナな作品。

 

1stアルバムの『教育』でも同様に様々なジャンルからのエッセンスを用いた楽曲づくりがされていますが、云わば剥き出しの東京事変という印象を受けました。

対してこの『大人(アダルト)』はより濃密にパッケージングされ仕上げられた様な美しさを感じます。

ですが新メンバーの浮雲は1日前にレコーディング入り、伊澤一葉は腱鞘炎により一ヶ月遅れでの入りとなったというエピソードに驚く程の完成度です。

 

椎名林檎はこのアルバムが東京事変としての実質1stアルバムと語っています(1stアルバムの『教育』は椎名林檎がもともとツアーで組んでいたメンバーがそのままバンド名をつけただけの様な形だった為)

 

個人的にベースの亀田誠治が作り出すグルーブ感溢れるラインが大好きな作品です。

おススメ楽曲はたくさんあるのですが、アルバムを通しての一連の流れこそが最高と感じます。

 

強いて言うのであれば僕のおススメは『秘密』『スーパースター』『修羅場』『ブラックアウト』『透明人間』『手紙』です。(多い)

 

created by Rinker
ユニバーサル ミュージック (e)
¥2,435(2020/06/05 22:24:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

第1位 スポーツ (4th アルバム)

1位はファンから人気の高い『スポーツ』です。

 

このアルバムは意図した音作りではなく、自然に「鳴ってしまった」「声が出てしまった」という感覚になる事を目指して制作されました。つまり理論的ではなく、5人の音楽家としての本能による楽曲作り。

前回の作品である『娯楽』の楽曲は、第二期メンバーの伊澤一葉と浮雲によるアプローチが目立った作品でしたが、このスポーツでは二人は大きな変化をしています。

 

加入当時は「絶対に歪ませた音で弾くものか」とギターの音色に自分の強いこだわりを持っていた浮雲。

彼は椎名林檎の要望により、この『スポーツ』ではテクニカルなスタイルと共にパワーコードや激しく歪ませたサウンドを魅せるなど、確実に作品の為に変化を魅せました。

同時に伊澤一葉はレコーディングにおいてはピアノの音だけにこだわらず、キーボーディストとしてアレンジや演奏面で新しい視点から包括的に取り組んでいきました。

この作品の中で一番作曲数が多いのは彼の楽曲となっています。

 

この様に前回の『娯楽』で新しい事変としての実験は終了し、現状のバンドが出来る事を最大限発揮させたのがこの『スポーツ』となっています。

その為、サウンドも骨格が仕上がり切った様な印象を受け、結果的に聴き手が音を感じ取りやすい作品になっています。

 

東京事変の楽曲は奥深く、何度も噛み締めた後に発見や味が出てくる物が多いですが、この『スポーツ』の作品は初聴でピンとくる物が多いのではないでしょうか。

 

個人的おススメは『シーズンサヨナラ』『雨天決行』『能動的3分間』『絶体絶命』『スイートスポット』ですね。まさに能動的な楽曲が揃った、傑作です。

キャッチ―で聴きやすい曲が多いので、この『スポーツ』はおススメですよ。

 

created by Rinker
ユニバーサル ミュージック (e)
¥2,909(2020/06/05 22:24:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

いかがでしたか?

 

8年間の間に5枚のフルアルバムを発表し、バンドだけではなく日本の音楽シーンに圧倒的な存在感を放った東京事変。そんな東京事変のおススメ作品を紹介してきました。

 

そんな東京事変もこの2020年に復活を遂げました!また彼らの音楽に触れることが出来るなんて、幸せでならないですね。今度は僕たちにどんな音楽を聴かせてくれるのか。

 

まずは、新作である『ニュース』をチェックして、今後の動きを待ちましょう!

created by Rinker
¥1,870(2020/06/05 22:24:48時点 Amazon調べ-詳細)
【東京事変】おススメDVDランキング!【全作品レビュー】
公式HP 黒猫道 特設ページから引用 『東京事変が復活したから、ライブDVDを買いたいけど、どの作品を買えばいいのか迷ってしまう…』 そんな悩みにお応えするのが、この記事です! 東京事変といえば、メンバー1人ひ...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました