Search of the Good Life

家事と趣味に生きる30代男性。そんなkumaが考え、綴る日常。

BEOPLAY E8を買って生活が変わった!買うべき理由がここにある!絶対的オススメレビュー

こんにちは、kumaです。


最近使う人が増えているワイヤレスイヤホン。
私も初めて購入しましたが


生活変わりました。


変えてくれたのは
「BEOPLAY E8」というイヤホン!


本当に最高です。
イヤホンひとつでそんな事ある訳ないって?


激推しポイントをお伝えしていきますよおおおおお!


「BEOPLAY E8」とは?

ずっとWALKMANの純正イヤホンを使用していたのですが、ある日断線!

最近多くの人が耳にしているワイヤレスイヤホンが気になっていたので、家電量販店で探していたのですが…


デザインが気に入らなかったり
音質もある程度良い物を求めていたりで
コレだ!という物になかなか巡り会いませんでした。


そんな中雑誌で目にした一つのイヤホン


Bang & Olufsen 「BEOPLAY E8」




バング&オルフセンは1925年にデンマークで誕生したブランド。
1960年代に北欧を代表するデザイナー、ヤコブ・イェンセンを起用しました。時計なども有名ですよね。


彼がデザインを手がけた製品は世界各国で100以上のデザインアワードを受賞。
ニューヨーク近代美術館(MoMA)のコレクションには彼がデザインを手がけた作品が19点納められている。
「永久展示」とされている他、高級オーディオ機器メーカー「バング&オルフセン」のチーフデザイナー時代に生み出した
18点の製品がMoMAのパーマネントコレクション
(流行に左右されない時代を超えた優れたデザイン)に選ばれています。


「BEOPLAY E8」を購入!


買いました!税込み32,900円です。
お値段は張りますが、それを上回って有り余る良さをお伝えしていきますよー


f:id:mori-no-kuma:20181109155228j:plain

整然としたパッケージの中にもアイコニックなデザインが伝わってきます。
かわいい感じで女性にも合いそうですね。






f:id:mori-no-kuma:20181109155233j:plain

パカっと開封






f:id:mori-no-kuma:20181109155239j:plain


こちらが本革の専用キャリーケース。
卵型で手の馴染みも良く、ガジェット特有の角張った感は皆無!





f:id:mori-no-kuma:20181109155245j:plain


2つのくぼみににイヤホンを落とし込み充電&持ち運びします。
本体を穴に近づけるとマグネット式になっていてカチっとハマります。




f:id:mori-no-kuma:20181109155242j:plain


ケースの裏面にあるマイクロUSBポートから充電可能です。
今光っている黄色のランプは充電中を表しています。
ランプが緑になれば充電完了の証!


連続使用時間はイヤホン単体の使用で4時間です。
且つ外出先等でも、ケースで2回満充電ができるので
計12時間使用可能なんです。

ワイヤレスイヤホンは充電時間の心配がありました。
そんな心配を無くしてくれ、安心して外出できます。




f:id:mori-no-kuma:20181109155300j:plain


本体にはComply SportのイヤーピースMサイズが付属しています。

コンプライのイヤーピースはウレタン製のイヤーピースです。
材質がスポンジのようになっており、形が変わるので
どのような耳でも人それぞれの耳穴形状にフィットするすんばらしいイヤーピースなのです。


ワイヤレスイヤホンって耳の形に合わなかったりサイズが大きすぎて
落下や紛失、ストレスの原因となり購入を考える方も多いと思います。

ですが重要なのはイヤーピースなのです!
これがしっかり耳に合っていれば問題なく使用できます。

尚、BEOPLAY E8とComply Sportの組み合わせで
通勤時に走ったり頭が揺れる動作をしても
落ちそう!という心配はありませんでした!


これが耳に吸い付いているイメージ
一体感を生む理由になっています。


4つの激推しポイント

ワイヤレスなのに良音質

ワイヤレスイヤホンは有線に対して音質の面で基本劣ります。

しかしBEOPLAY E8はワイヤレスながらも高音質を実現したイヤホンに仕上がっています。


芯がしっかりと伝わる音で締まった感じに聴こえます。
しかし音場は広く、耳の奥でスピーカーを鳴らされている様な感覚です。

ボーカルの音もくっきり聴こえるのでJ-POPなどに歌モノも良いですね。

付属アプリを使えば高音低音の好みを調整したり組み合わせる事ができるだけでなく
臨場感も調整できます。自分の好きな音レンジに対応してくれる所がgoodです。


私は普段SONYWALKMANを使用しており
イコライザも自身で好みの音質を設定していました。

f:id:mori-no-kuma:20181109223552j:plain


こちらに関してはつまみや高さのイメージで
ひとつひとつ上げ下げしていって音を探していくのですが





f:id:mori-no-kuma:20181109223502p:plain



BEOPLAY E8は白丸部分を動かして直感的
自分好みの音を探せる仕様になっています。
しかも音を聞きながら動かせるので
より直感的にセッティングできるイメージです。


携帯性バツグン

とにかく軽いです。
耳に装着すると、自分の体の一部になっているかの様です。
そして単純に小さいので持ち運びがしやすい。
イヤホンも軽いので持ち運びはしやすいですが
電車の中や急いでいる時にコードが煩わしい事があります。そんなストレスが全く無くなりました。


急に外さなくてはいけない際ってありますよね。
ヘッドホンやコードイヤホンはカバンに入れたりコードをまとめてポケットに入れたりと、ひと手間が必要です。
しかしこいつは外してポケットにサッと入れるだけ。とてもスマートです。


そして充電機能付きの専用キャリーケースがあるので
外出先やカバンの中でも傷ついたり心配をする事がなくなります。

キャリーケースのマグネットも絶妙な吸着感です。
外してくぼみにはめる時は「イヤホンが家に帰ってきた」感じを一人で感じています。笑



直感的な操作感

ケースから取り出し耳につけ、親機の右耳側をタップすると起動します。
Bluetooth機器に近付け接続処理をすれば5~10秒程で繋がります。

街中で音楽を楽しんでいる時、お店のレジや話しかけられた際に会話をしなければならない事がありますよね。
そんな時はTransparencyモード。左耳側を1度タップすると、音楽はバッググラウンド状態で再生されながらも(耳には聴こえない)
周りの音が聞き取れる様になります。これが本当に便利。


「COMMUTING」:音楽を半分、外音を半分

「SOCIAL」:音楽を4分の1、外音を4分の3

「AMBIENT」:音楽オフ


BEOPLAY専用アプリで上記設定可能です。
お好みに合わせて選んでください。


一度外してまた付けるという手間がありません。
店のレジや電車内のアナウンスを聞いたりする時によくこの機能を使います。

イヤホンやヘッドフォンをしながらレジに行くのは
マナー的にOKかNGかというのをよく見かけます。

個人的にはイヤホンをしていても少し口角を上げて
相手の仕草を目で追ったり、言葉に反応しているよというリアクションを取れれば
問題無いと思っています。

無表情のコミュニケーションだから不安がられるんですよ。



そしてイヤホン本体での基本操作一覧!

f:id:mori-no-kuma:20181109163340j:plain



という具合に音楽を楽しむのに必要な基本操作が
イヤホンを触るだけで直感的に行なえます。


操作に関してはApple製品に近いものを感じました。
日常動作の補助になる様考えられた操作システム。
且つ直感的でストレス無く、簡単に望みの動作を行うことができます。


これらと軽さが合わさり
まるで自分の耳に吸い付いている機器を自在に操れる感覚に浸る事が可能に。
両手が塞がらないので、日常の様々なシーンで良さを実感し行動できる様になりました。


デザインが秀逸

これも購入の決め手になった大きな理由です。
ミニマルかつアイコニックなデザイン。所有感を満たしてくれます。
アップルのイヤホンの様な、いかにもプラスチックですよ感はありません。
やはり毎日体につける物ですので、デザインが良い事にこしたことはありません。
そして周りの人とかぶることが少ないです。自分らしさを表すアイコンでもあります。



オーディオガジェットは機能性維持の為、どうしても駆動部分などの影響で
パーツが大きくなったりゴツゴツしがちなのですが
BEOPLAY E8はそこに妥協をしていません。

音質はワイヤレスイヤホンの中では高いレベルにあるにも拘わらず
デザインも最高の一品である事を証明してくれる作りです。

品質重視というフィロソフィー

世界中のオーディオファン、デザインファンを魅了するバング&オルフセンから
洗練されたデザインと高い品質はそのままで、スマートフォンタブレットPCとの親和性を高めた
よりカジュアルなブランド「B&O PLAY」が誕生しました。
B&O PLAYは音楽を手軽に、しかも高いクオリティで楽しむためのカジュアルラインです。
ただし、カジュアルラインであってもそこはバング&オルフセン、モノづくりに流れる通奏低音は「品質重視」という哲学です。

                    引用元 B&O PLAY公式ページより

B&O PLAY | KANJITSU DENKI CO.,LTD.


上記公式ホームページの文面からも
北欧の妥協しないクラフトマンシップが表れています。



まとめ

いかがだったでしょうか。

確かに値段は高いものがありますが・・・

そこを完全に上回るデザイン、装着感、音質、そして利便性
BEOPLAY E8にはあります!

・人と少し違ってこだわりのあるデザインの物が良い

・値段は高くても音にはこだわってオーディオ欲を満たしたい

・毎日使う物だから生活にマッチできるようなユーティリティ性の高いものが欲しい


など上記に一つでも当てはまるのであれば、絶対にオススメできます。

使った後は生活が変わります。


見える景色や自身の動き、気持ちが変わっていくのを実感できると思います。


ぜひ、あなたの音楽生活にBEOPLAY E8を!



www.housework-kuma.com