クマログ

kumaが家事や音楽や映画や考え事について静かに綴るメディア。

Mr.Children

【Mr.Children】聴き手のための歌をやめ、僕の歌と君の歌を唄う理由『重力と呼吸 後編』

【重力と呼吸】彼が唄うのは聴き手への歌ではなく『僕の歌』と『君の歌』 作品ではなく思いを聴くアルバムを徹底考察!

【Mr.Children】最大の挑戦作で聴き手のための歌をやめた理由とは?『重力と呼吸 前編』

『重力と呼吸』で桜井さんが他者の歌をやめた理由。「himawari」にはそんな悲しくも、挑戦的な思いが込められているという考察。

【Mr.Children】夢と現実。両極の可能性を全ての力を使い聴き手に投げた大傑作!『REFLECTION 第三部 未来へ託す夢編』

Mr.Childrenが夢と現実を超え、自分を乗り越える。その最後の扉を開いた時、鳥は大空に羽ばたいていく。彼らの全てを詰め込んだ楽曲を徹底考察!

【Mr.Children】夢と現実。両極の可能性を全ての力を使い聴き手に投げた大傑作!『REFLECTION 第二部 大空へ飛び立つ鳥編』

現実と夢の中からもがき、光を見つけようとする桜井さん。夢から抜け出し、大空へ羽ばたく鳥へ変わる事はできるのか。鍵となる楽曲を考察!

【Mr.Children】夢と現実。両極の可能性を全ての力を使い聴き手に投げた大傑作!『REFLECTION 第一部 限りない欲望編』

夢と現実、欲望。そして宗教や哲学感を合わせた大傑作『REFLECTION』を徹底考察!

【Mr.Children】私が[(an imitation) blood orange]を聴かない(聴けない)理由 後編『希望のまがい物』

『2つの夢』を超えて桜井さんが見た光とは。自身を犠牲にしても、私たちに優しい希望を提示してくれる1枚を考察。

【Mr.Children】私が[(an imitation) blood orange]を聴かない(聴けない)理由 前編『二つの夢』

桜井さんからこぼれる辛さと弱音。こんなにも彼の辛い心情を感じるアルバムは無い。『2つの夢』と共に、希望と願いの作品を徹底考察。

Mr.ChildrenがPOPミュージックを届ける理由 虚像を乗り越えた感覚の世界『SENSE 第三部 終わりと始まり編』

Mr.Childrenが自らの存在を乗り越えた旅路。過去を振り返り、希望を歌ったツアーに迫る。

Mr.ChildrenがPOPミュージックを届ける理由 虚像を乗り越えた感覚の世界『SENSE 第二部 虚像が放つ光編』

POP再検証に終止符を打つSENSE。力と希望に溢れた彼ららしい楽曲を徹底考察!

Mr.ChildrenがPOPミュージックを届ける理由 虚像を乗り越えた感覚の世界『SENSE 第一部 深海からの脱出編』

感覚を信じ虚像を超える。Mr.Childrenが自らのSENSEを信じ、今POP再検証を終わらせる。

Mr.ChildrenがPOPミュージックを届ける理由 音楽の魔法にかけられて『SUPERMARKET FANTASY編』

最高に突き抜けたPOPミュージックの到達点。消費される喜びと音楽の魔法に包まれた名盤。あなたの日常がモノクロからカラフルに変わるその瞬間はこの1枚に詰まっている。

Mr.ChildrenがPOPミュージックを届ける理由 自身の許容、温かさの共有『HOME編』

Mr.Childrenが辿り着いた着地点。リスナーとのPOPミュージックの共有。長く旅を続けた彼らはようやく、HOMEへの帰路へつくことができた。

Mr.ChildrenがPOPミュージックを届ける理由 愛の皮を被った日常賛歌『I LOVE U編』

Mr.childrenが歌う愛。『I LOVE U』という、愛の皮を被った日常賛歌。音楽やリスナー、そして自分の日常を愛する事の大切さを教えてくれるアルバムを徹底考察!

Mr.ChildrenがPOPミュージックを届ける理由 自己の歌から他者への歌へ『シフクノオト編』

ポップ再検証へ動き出したMr.children。彼らの歌う目的が『自分たち』から『他者』へと向かい始めた。POPを超えたPOP『シフクノオト』を聴く!

Mr.ChildrenがPOPミュージックを届ける理由 『POP再検証の始まり編』

Mr.Childrenが支持されて続けてきた理由。POPミュージックへの再挑戦。アルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』とは?POP再検証とは?長きに渡る彼らの音楽への挑戦に迫る。

『REFLECTION』全てのMr.Childrenファンに向けられた大傑作

Mr.Children初のセルフプロデュースで臨んだ大傑作『REFLECTION』 大きな壁を乗り越えたメンバーだからこそ生まれた絆や音楽への思いが体現された1枚。これを聞かずして今のMr.Childrenは語れない!

Mr.Childrenツアー2018~2019 重力と呼吸 横浜アリーナに参戦してきた!(セトリネタバレ有)

Mr.Childrenツアー2018~2019 重力と呼吸 横浜アリーナに参加してきた! 毎回最高の体験をさせてくれるミスチルのライブ。重力と呼吸というアルバムを引っさげ、彼らの新しい音を感じた! 独断と興奮の熱いレポートをチェック!

【Mr.Children】深海に連れてってくれよ、桜井和寿。

Mr.Children『深海』を完全自己満足で集中して聴いた結果…最高だった。完成度の高さから、最高傑作と称される唯一無二のコンセプトアルバム。 最新アルバムが出た今だから、もう一度聴きたくなる名盤を一緒に振り返ろう。

Mr.Children バンドにおける魅力と生き方について

Mr.Children 誰もが一度は耳にしたことがある彼らの魅力を徹底解説!これを見れば改めて彼らの音楽を聞きたくなる3つのポイントに分け紹介。 アナタの好きなあの曲もきっと更に好きになる事間違いなし!