クマログ

Mr.Childrenや音楽や映画や家事や考え事について熊がしゃべるメディア。

岡崎体育って誰だ?と思ったら君はもう盆地テクノの音の中

こんにちは、kumaです。


最近最も旬なアーティストの一人、岡崎体育


音楽のみならず、役者やテレビにも多く出演する活躍ぶり。

今日は

岡崎体育は厳しい今の音楽界で
なぜここまで有名になる事ができたのか?』

を書いていきます!


岡崎体育って名前は聴いたことがある方
・聞いたけど音楽は知らないという方
・何をしている人なの?と思った方


こんな皆さんは是非読んでいってくださいね!


岡崎体育とは?

www.instagram.com


シンガーソングライター。盆地テクノの伝道師として様々な楽曲を製作。
盆地テクノとは本人曰く、J-POP寄りのテクノを指すらしい。
その安心感のある容姿から生み出される楽曲の数々は、人々を意外性感動の中へ引き込む。


彼を一躍有名にした楽曲はこちら。

youtu.be

ミュージックビデオのあるあるネタで詞と画が構成された楽曲。
サムネイルがもう再生ボタンを押したくなります…
曲もキャッチーな上でこのMVなので何度も再生ボタンを押してしまう中毒性があります。
再生数が凄い。


口パク曲、あるあるMVなどをメディアはこぞって取り上げます。
テレビは当然紹介できる尺が決まっているので、彼の魅力が伝わりにくいです。

テレビなどの製作側はアーティストの良さよりも視聴率を稼げる突飛な面を紹介したがります。その断片を見ただけではイロモノ扱いされます。


しかし彼は音楽センスの塊です。

横幅…いや、振り幅のある楽曲。
抜群のメロディセンス(あのルックスからは想像できないくらいバラードやミドルテンポの内省的な曲が良い)

多くの人が共感できる様な歌詞。
歌詞に関しては上辺だけをなぞっていないというか日常で誰もが感じる「ああ、この感覚わかるよ」と思わず頷いてしまう物が多いです。


youtu.be

youtu.be


このアンバランスさが、聴く人に何とも言えないノスタルジーだったり
シンパシーを与え、岡崎体育という存在がになるところ。



才能を自ら広める力

彼は育った京都の実家に住み、活動を続けています。
仕事場は実家の自室。学生時代から使っていた学習机の上で制作活動を行っています。
マイクのノイズを防ぐポップガード(マイク手前によくかかっている黒い網です)はお母さんのパンストで代用。(10数年使用したので今は正規品を購入したそう)

この時点で売れているアーティストとしてはかなり特異です。笑

こんなに売れても実家を製作拠点とする理由としては
『実家で仕事をしていると聞かせる事のできる人がすぐ隣の部屋にいる』
だそうです。笑


リスナーとの距離感が近く、大喜利的な物から小ネタの投下など
我々リスナーを毎回楽しませてくれます。



発想と引き出しが凄いよ。笑


これだけは誰にも負けないことは?との質問に下のように答えています。
このあたりは本当に曲にすごく表れていると思います。

語感のセンス。Twitterの文章に力を入れてるところ。Twitterの文章は、リズムや韻も含めて毎回すごい考えて投稿してるんですよ。言葉や語感に対する意識は人より高いと思います。


youtu.be

youtu.be



ですがこうしたネットでのネタ要素の拡散はあくまでも1つの手段。やはり着地点は自分の音楽を聴いてもらう事。それについて以下の様に語っています。

今の時代、音楽を主張するだけではダメだと思ってて。岡崎体育の音楽を知らないお客さんの層に、僕のCDをレジまで持って行ってもらうのは難しいかなと思ってるんです。
だからまずは面白い動画で注目してもらうことから始めようと。

スペツナズ」とか「エクレア」とか真面目に作った自信作も世の中の人に聴いてもらうためには、岡崎体育という存在をまずは広めなきゃいけない。
それを考えたとき、映像って一番とっつきやすいんですよね。
二面性のある音楽性を知ってもらうためにも、MVは必要だと思ってます。岡崎体育はふざけているだけじゃなく、ちゃんと真面目に音楽もやってるんだぞって理解してもらえることが僕にとって幸せなんです。

ナタリー記事より引用

自身の活かし方を知っている

実家で活動しているもう一つの理由として
機材も無い実家という限られた環境で活動するのも一種のブランディングと発言しています。


この人やっぱり才能頭の良さが光っています。

自分の能力をわかっていて、目標の着地点に対するロジックがしっかりしている。
差別化して自分を戦略的に知ってもらう術をわかっている。
だから世間に認められる。


ネットで注目を集める曲やキャラクターが認知される
飛び道具だけでない意外性や楽曲の良さが伝わりギャップとなる
聴く人が増え拡散される
(主にSNS世代から支持を受けているので、自然にまた増える)
またネットで注目される


この繰り返しの流れですね。
同じ様な流れを組みネットから有名になったアーティストがいます。




水曜日のカンパネラです。


彼女も『桃太郎』を始めとする癖になる様な、嗜好性の強い曲をネットにアップし注目を集めました。それらはネットでの口コミや拡散で徐々に広がっていきます。

口コミやネットはテレビの様な一方的なメディアとは異なります。
『自分の興味のある物』を探すのに長けている性質がある為に、リスナーの心に強く長く印象が残ります。

それに加えて
『鹿の解体』
『整った美人』
『今の時代に合う自由奔放な人間性
『打込み中心の音』

などの強みを持ったキーワードブランド力も完璧でした。


広い語彙力だが脈絡や意味の無い歌詞。
サブカルチャー民が喜ぶ様なワードを散りばめ、音も今風とくれば若い音楽ファン飛びつかない訳がないですね。
直感的に目と耳で聴いて楽しむファッションミュージックです(良い意味で)


水カンが上記の様な、意識高い系の様な拡散でウケたのならば
岡崎体育
『実家』
『親しみやすい容姿』
『内向きなユーモアセンス』
『盆地』

などの真逆で意識低い系の拡散ウケとなります。(勿論ブランディングされた良い意味で)




繰り返しますが才能に溢れている方です。
ただ飛び道具しか持っていない人ならば一発屋かメディアの賑やかしで終わっています。


彼の場合は本当に音楽が好きで、自分の才能や音楽の良さを一人でも多くの人に知ってもらいたいという純粋な気持ちで活動している。
そんな所が見て取れるので、ファンが増えていくのだと思います。


夢に挑戦する力

岡崎体育は必ずオリコンで1位を獲得し、さいたまスーパーアリーナでライブを行う」
これをずっと公言してきました。

その為の手段としてSNSやメディアの力をフルに利用し、自らの音楽に対し愚直に挑戦し続け遂に夢の舞台に立つという目標を達成する事になります。

https://www.buzzfeed.com/jp/yuikashima/okazakitaiikuwww.buzzfeed.com

メジャーに出てから出した『BASIN TECHNO』『XXL』は、世の中に自分の存在を知らしめる期間という意識もあったので、話題作りの曲をいれていたんですけど、夏頃に自分の意識が変わった

今からネタ曲を作って岡崎体育をまだ知らない人にアピールするより、すでに岡崎体育のことを知っている人……例えばTwitterのフォロワーの46万人に、実際にお金を払って埼玉まで足を運んでもらえるぐらい岡崎体育を好きになってもらった方がいいのかなって

去年、京都でやっているラジオ番組で、リスナーに向けて『岡崎体育の好きな曲』のアンケートをとって、ランキング形式で発表するっていう企画をやらせてもらったんです
投票してくれたのは、ワンマンライブに来てくれたり、ファンクラブの方だと思うんですけど……ランキングの上位にネタ曲がはいってなくて

飛び道具曲の代わりにランクインをしていたのは
『自分が本当に作りたい、伝えたいと思っている曲』

彼が行ってきた『自身をアピールする時期』はもう充分なのかもしれない。
リスナーにその実力は伝わっている。結果は残してきた。やっと自分が表現したい物を伝えられる時がきた。


本当に努力賢さの人です。
その姿は音楽のみならず、何かに挑戦したいと思っている人たちへ勇気を与える存在です。

彼の歌にもあるような、不器用で何かを気にして常に弱気な自分。
それはきっと誰の心にもある物だと思います。

それを何一つ隠すこと無く、笑い感動させる力に変える姿。
きっとそれがリスナーの勇気となり、一歩踏み出す力を与えてくれる物になるんだと感じます。


ありがとう岡崎体育
『世界に誇る宇治の至宝』としてこれからも盆地テクノを多くの方へ伝えていってください。

www.housework-kuma.com