クマログ

Mr.Children、音楽、映画、家事、ライフハック、考え事について、森から熊が発信するメディア。

どこかで見たことあるって?そう、彼の名はジェイク・ギレンホール

こんにちは、kumaです。


今日は私の一番好きな海外の映画俳優、ジェイク・ギレンホールについて書いていきます。


顔は見た事ある!という方が多いと思います。
ハリウッドでは演技派としての地位を確立しています。

  
これを見ればジェイク・ギレンホールの凄さがわかる!
彼を知らない人こそ魅力を知ってほしい!


ジェイク・ギレンホールとは



1980年12月19日、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス生まれの俳優「ジェイク・ギレンホール(Jake Gyllenhaal)」。父は映画監督のスティーブン・ギレンホール、母は脚本家のナオミ・フォナーという演劇一家に育つ。姉のマギー・ギレンホールも女優である。高校卒業後にコロンビア大学に進学したがキャリアを優先するために2年で中退。子役でデビューし、その後2001年公開の『ドニー・ダーコ』では主人公ドニーを演じ、インディペンデント・スピリット賞主演男優賞にノミネート。2005年公開の『ブロークバック・マウンテン』では英国アカデミー賞助演男優賞を受賞している。




演技について

演技に関するこんなエピソードがあります。
父親がジェイクを椅子に繰り返し座らせ、それ以外何も伝えない。
すると自分から「椅子に座るとは何か」「椅子に座る意味や所作」を自分で考え始めるようしたとの事。型にはまった押し付けの指導ではない所が、今の豊かな演技力に繋がっているのかもしれません。

彼の演技は人間味に溢れています。
そこに華やかさはありません。日常に暮らす誰にでもある感情だけが存在しています。

カメレオン俳優と評される事が多いですが、私はそう感じません。
そもそもカメレオン俳優と呼ばれる程、まだ多くの役をこなしていないと思うのです。
ただ役に対しては貪欲に、そして深く入り込み表現する力は物凄く強い。

下記がその一例。別人ですね。

eigaland.com



俳優のロバート・デニーロ。彼はかつて『タクシードライバー』を始めとする作品で怪演ぶりを披露。肉体改造を基本とするその役作りは「デニーロ・アプローチ」と呼ばれました。

ジェイクも同様です。作品に取り組む毎に肉体的にも精神的にも深く寄せていき、その人物で在ろうとする。これが物語を観ている観客を1つの世界、1つの人物の物語に没入させる理由かもしれません。




これまでのキャリア

彼のキャリアには両親の子育てが大きく関わっています。
子役時代にディズニー製作の出演オファーがきますが、両親の意思でこれを断っています。
これには幼少期の成熟していない状態から、2ヶ月も親元を離れてハリウッドの世界に浸らせるべきでは無いという判断からでした。

幼少から演技の道を進み、母姉と同じコロンビア大学へ進学。既に仕事として行っていた為演劇を先行せず、自らの力を頼りに俳優生活を進めていきました。
出演作品の傾向として、大作とは遠い場所にいる様な印象を受けます。その中で成果を残している所に、今の演技派俳優としての評価を獲得しています。


彼は所謂マネーメイクスターではありません。
過去に出演した『ゾディアック』で、監督のデヴィッド・フィンチャーは「今回のキャスティングに関しては良い選択ではなかった」という旨の発言をしています。
(この時の主役3人はロバート・ダウニーJr、マーク・ラファロジェイク・ギレンホールという今となっては超豪華共演です)
この時はスタジオから見て金を稼げる人選ではない、という事だったのでしょう。

監督選びにおいても、敢えて今後伸びしろや期待がある人物とタッグを組み
共にキャリアを育てていくという傾向があります。

ハリウッドスターにありがちな私生活やキャリア上のトラブルなども目立った物は無く
幼少期の教育や、キャリア上の恵まれた人間関係が今の彼を構築していると言えます。




アメコミムービーとの縁

先に紹介した様に、大作には出演をあまりしていません。しかし、今ハリウッドで大きく収益をたたき出すアメコミムービーのオーディションは何度か受けており、面白い繋がりがあります。

リブート前の初期にあたる『スパイダーマン2』の製作が進められる中、主役のトビーマグワイアが体調不良に見舞われます。
この時に代役として打診されたのがジェイク。しかし結果は出演をしませんでした。
キャリア初期のこの時期に出演していたら、彼の俳優人生は全く逆方向に進んでいたかもしれません。

その後幾つか作品を重ね、後に三部作になるクリストファーノーラン版バットマンへのオーディションも受け、出演も見込まれましたが結局出演せず。
因みに姉はマギーは二作目『ダークナイト』にヒロイン役として出演しています。
そのオーディションに共に落ちたヒースレジャーと共演した『ブロークマウンテン』で高い評価を得ます。

そして来年マーベルシネマティックユニバース作品の『スパイダーマン ファー・フロム・フォーム』にミステリオ役としての出演が決定しました。
今や映画を語る上で欠かす事のできないMCUの仲間入りをする事になったのです。

その時のインスタグラム投稿がこちら
動画で悪役ミステリオの名前が書かれたコミックの表紙を見せながら
スパイダーマン役じゃないことに気付いた」というジョークを綴っています。

www.instagram.com



MCUは11年目を迎え今後フェイズ3という新たな局面を迎え、キャストも若返ってきています。
ただ単に人気俳優として出る大作娯楽映画に出演するのではなく
キャリアを積んだ演技評価が高い俳優が挑むという所に意味があり、映画ファンとして心が踊る物があります。
次回作を楽しみにしましょう!






観てほしい!オススメ作品

遠い空の向こうに

youtu.be

彼の出演作品の中で、万人に受け入れられている原作者の自伝小説がモデルのヒューマンドラマ。
リトル・ダンサー』にしろこの作品にしろ炭鉱親父の組み合わせは最高だと思うのです。

やはり炭鉱物って何処か暗い鬱屈とした空気感があって、その中で父親との対立を経ての
親子愛を見せられると感動せずにはいられないのです。

加えて脚本として仲間との友情や夢を諦めすに追い続けることの大切さが素直に描かれています。
忙しい毎日で何処かに忘れてきてしまった様な大切な気持ちを思い出させてくれるような作品。

原題『October Sky』は『Rocket Boys』のアナグラムになっている所も良いですね。






ブロークバックマウンテン

youtu.be


アメリカ西部で、20年以上にも渡り普遍の愛を貫いた2人の男性によるヒューマンドラマ。

バットマンのオーディションに落選し、出演したこの映画。当時メガホンを取る予定だったヴァン・サント監督は、レオナルド・ディカプリオブラッド・ピットマット・デイモンを主演に据える予定だったが結局断られている事をインタビューで明かしています。
それだけ難しい挑戦だったこの作品。

ゲイとカウボーイという、全くの対極に位置するこの2つの文化。
公開前は揶揄されたものの、ベネチアで金獅子賞を取った後に、アカデミー3冠に輝きます。

これはまだ保守的で年齢層の高い白人がその殆どを占めていたアカデミーの中で受賞をしたという面から考えると、本当に大きな結果でした。

今だからこういった繊細な題材を扱った作品はいくつかありますが、この当時のメジャー映画でゲイ描写を直接的に描いていた物は殆どありませんでした。

同時にこれまで可愛らしい役が多かったアン・ハサウェイがシリアスな脚本の中で複雑な感情を演じきり、女優として1つステップアップをしたきっかけの作品でもあります。





プリズナーズ


youtu.be



「奪われた時、父が踏み越えた一線とは。」というコピーで、子供を誘拐された父親とその誘拐犯を追う刑事を描いたサスペンスです。
タイトルの名の通りこの作品に出てくる人物は、信仰や復讐、運命や正義など何かに囚われています。
表向きはサスペンスですが宗教的なメタファーも多く出てくるので、その辺りも考えてみるとより面白いと思います。

この作品のジェイクは刑事という役柄もあり、ワイルドで格好良い人物を演じています。
確信に迫っていくジェイクの鋭い眼差しとオールバックから乱れる前髪にも注目です。

後半に雨の中でパトカーを走らせるシーンがあるのですが、とても綺麗な画で個人的に好きな所です。



ナイトクローラー


youtu.be



満足に仕事につけない主人公ルー。そんなある日、彼は過激な写真や映像を撮影し、それをメディアに高額で売って生活をするパパラッチ。所謂ナイトクローラーの存在を知る。カメラを手に入れ、警察無線を傍受し誰よりも早く現場に駆けつける。衝撃的なシーンを撮影したルーの映像は高額でやり取りされていきました。
視聴率を求める余り要求を上げるメディア、それに応えようとするルー。やがてその手法は過激な物にエスカレートしていき…

役柄に合わせ不健康さを出す為に2ヶ月昼夜逆転の生活をし、12Kgの減量をして臨んだこの作品。日常のすぐ隣に存在する狂気狡猾さをリアルに表わしています。

現代社会への問題提起や描写なども不気味に描かれており
それらを傍観している私達の倫理観に訴えかける構図になっているのも一つのポイント。

世の中で起きている事件や不幸がある限り、彼らは存在し続けますし
それを心のどこかで求めてしまう、この社会で生活している矛盾異常性について考えさせられる作品です。




雨の日は会えない、晴れた日は君を想う


youtu.be



ウォール街のエリート銀行員ディヴィスは裕福で何不自由のない生活をしていた。そんなある日
交通事故で妻を亡くすが、涙を流せず、悲しさを感じる事ができないでいる。
身の回りの物を破壊し、自分の心を再構築する事で見える物を探し求める男の物語です。

この映画にはメタファーが多く出てきます。風景や物、人。
都会の中で時間だけが通り過ぎていく毎日。
主人公は様々な事に無関心で、多くの事に気づけないでいます。

周りの物を全て破壊し、分解する。ある女性と少年に出会うことで、少しずつ変わっていく自分。
自分を見つめ直した先の景色に広がる物とは。

画面上でそのカタルシスを目の当たりにした私達にも
きっと多くの事を気づかせてくれるでしょう。

衝動的な動きや、何処か可笑しくも狂気さえ感じる行動。
画面の柔らかい雰囲気やユーモアも交えた心温まる画。
様々な風景を感じる事ができると共に、ジェイクの最高の演技を堪能できる作品です。


ジェイク・ギレンホール主演『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』予告編 - YouTube





ジェイク・ギレンホールの作品を観よう!

いかがでしたでしょうか?
彼の出演作にハズレ無し!と言われるくらい。良作が揃っているのです。

ジェイクの魅力は勿論ですが、彼が認めた脚本や作品性が優れているのもポイント。
鑑賞後はきっと満足のいく時間を過ごせる事でしょう。

さあ!アナタはどの作品で楽しみますか?

ジェイク・ギレンホールの作品がたくさん見れる『TSUTAYA TV』で、快適な映画時間を!




www.housework-kuma.com