【男性必見】清潔感ある人になる簡単な考え方【清潔だけじゃダメ】

スポンサーリンク
ライフハック
スポンサーリンク

こんにちは。

 

今日は清潔感がないと言われてしまう人が清潔感を出す方法をお伝えします。

 

清潔感が無いと言われる
だらしなく恋愛が上手くいかない
見た目のせいで仕事にも影響する

 

この記事はそんな悩みに答えます。

 

 

清潔感があるとは何か?

本題に移る前に僕の話をほんの少しだけさせてください。


僕は顔にコンプレックスがあります。特別話が面白い訳でも魅力的な訳でもありません。
だから異性や友人、仕事の相手に良い印象を与えようと様々な努力してきました。

 

清潔感だけは絶対にマイナス要素を持たないようにしよう。

 

これだけは長年考え努めてきました。
結果、僕は清潔感をある日々を送る様になり、お付き合いしてくださる女性や友人にも必ず清潔感があると言ってもらえるようになりました。


だからその考えを皆さんにもお伝えして、良いと思った所があれば使ってほしいです。

 

 

 

では本題です。

 

皆さん、清潔感がある人がいいって言いますよね?
でも清潔感っていったい何なのでしょうか。


実際にその人に触れて雑菌のテストをしたわけでもありません。体臭が臭うと直接言われる訳でもありません。

 

では清潔感って一体何を求められているんでしょう


それはつまりキレイそうという実際とは別の想像だと僕は思っています。


そうです。あくまキレイではなく、キレイだと『思う』です。っぽいとか感じと同じですね。

 

なぜなら相手は清潔感の無いと思われている人に直接触れているわけでも、何か実害を被ったわけでもないのです。直接的に体臭がしたり触れた手が汚れたりしたら別ですが。

 

あくまでも『清潔感が無い』という考えは、汚いであろうから嫌。ということなんです。

 

ニキビが多い→食事や自分の身体に気を使っていない、相手にも同じだろう
シャツがシワだらけ→相手から見られるという事に無頓着で、相手にも同じだろう
手や唇がガサガサ→キスしたくない、手を繋ぎたくない


その状態が直接的に嫌なのではなく、自分がこの人に関わった時にきっと嫌な気持ちになる、という考えなんです。防衛本能ですね。


だから極端な話、実際3日間お風呂に入っていなかったとしても、そう見せなければいいんです。

 

勿論実際に清潔な事に越したことはないですが。あくまで清潔感。感じの話なので。

 

 

ですが僕ら(特に男性)は勘違いしがちなのが、徹底的に体をキレイにすればいいんだ!という思考です。ですがそれは違います。

 

何故なら女性や清潔感に対して意識を持っている方は、清潔+αの個人的願望が入っているからです。

 

つまり体をキレイにして体臭を無くせば全てOK、という事ではないんです。

 

その+αの願望というのは

『日頃から手入れをしている』『気を遣っている』『大切にしている』といった様な事です。

なんとなく気を遣っているオシャレな人という感じですかね。

 

具体的に言うと

 

髪の毛を毎日シャンプーしている

→清潔ではありますが、足りません。

 

髪の毛を毎日シャンプーし、ワックスやオイルでセットしてヘアスタイルを整えている。

→清潔な感じがする。

 

 

もうひとつ言うと

 

 

洗顔を毎日している

→清潔ではありますが、足りません。

 

洗顔を毎日し化粧水などで保湿を保っている

→清潔な感じがする。

 

 

ここまでしなきゃいけないのかと思う方もいるかもしれませんが、問題解決の着地点を誤ったまま改善をしても良くなりません。清潔感を出すという事をゴールにするならば、これを目指しましょう。

 

 

では、どうすれば直接的に嫌な気持ちを与えずに済むのでしょうか?

 

具体的に紹介していきますね。

 

清潔感がある様に相手へ印象づける方法

風呂に入る

当たり前ですが風呂に毎日入ましょう。清潔『感』の前に実際に臭かったら最悪です。
体を洗うだけでなく、きちんと入浴して体の毒素を排出しましょう。

特に髪の毛はよくチェックされます。普通にシャンプーしてコンディショナーして乾かせばいいんです。
翌朝はフケが無いかチェックして適度に整髪料をつけるかコーム等で整えておけばOKです。

相手のヘアスタイルがある程度整っていれば好印象ですよね?

 

汚そう、を回避しましょう。

爪は短く切り、保湿ケアをする

女性や取引先の方は手をよく見ています。
力仕事や手仕事で働いている方の汚れやシワは美しい勲章ですが、何もやっていない人はただの汚れた手です。

 

まず爪はこまめに切りましょう。深爪はやりすぎです。爪の白い部分が見えない様な適度な長さに切って『常に手入れしている』イメージを持ってもらいましょう。

 

そして時間や余力があればハンドクリームを塗りましょう。

ガッサガサの手は残念ですよ。

 

手のは勿論ですが、指先を丁寧に塗っていれば印象よく見えます。

甘皮やささくれに気付く事もできますしね。

 

僕がある時目にしたのですが、駅のホームで海外の方が丁寧に指先にくりくりとクリームを塗っている姿が素敵だと感じてそれからマネをしています。

 

手を繋ぐとき、資料を渡すとき、常に手は見られています。

 

手を触りたくない、を回避しましょう。

唇をケアする

唇も同様です。よく目線がいく顔のパーツなので、チェックは入念にしましょう。
食事の後は食べかすがくっついていないか鏡を見ましょう。

カサカサしているならリップクリームを塗りましょう。ガサガサしてたり粉がふいている様な唇はかなり印象が悪いです。


塗りすぎるとテカテカになります。やり過ぎです。

上下どちらかの唇に塗って、口を閉じてなじませれば自然になりますよ。

 

触れたらガサガサして痛そう、を回避しましょう。

 

洋服にはアイロンを

シャツは洗濯して干してそのままですか?平日だけアイロンしていますか?スーツに隠れているからってサボってますか?

 

ダメです。

シャツにアイロンをかけるのは基本です。

シワがある事がダメなわけではありません。

 

シワを放置している→モノに手を加えず心配りがない、人からどう見えるか無頓着めんどくさがり屋だからきっと生活もそんな風にしている

 

シャツ1枚でこういった風に見られます。

僕はシャツは平日休日問わず必ずアイロンをかけます。自分自身が気持ち良いからです。


モノや相手を大切に扱ってくれなそう、を回避しましょう。

 

靴は磨く、整える

靴も見られていますよ。


革靴はシワだらけではありませんか?

シューキーパーで形を整えていますか?ブラシをかけましょう。クリームを塗りましょう。

スニーカーも大切にしていますか?

泥をそのままにしていませんか?ブラシをかけましょう。靴ひもはくろずんでいませんか?

 

靴の扱い方で、モノや人に対する扱い方も見えてきます。足元を見られるとはまさにこの事です。

普段目線がいかない部分に気を遣ってこそ、好印象です。

 

モノや相手を大切に扱ってくれなそう、を回避しましょう。

 

ヒゲと眉毛のチェック

当然ですが毎日剃りましょう。唇同様に顔で良くみられるパーツです。
剃った後はしっかりアフターケアも忘れずに、ローションやオイルで荒れない対応を。

 

そして眉毛。ここも生えっぱなしはNGです。

基本の眉線から外れて生えている毛は抜きましょう。お風呂あがりは肌が柔らかくなっているので、抜く時の痛みが軽減しますよ。

伸びすぎてボサボサしているのであれば、小さなハサミで整えましょう。

 

個人的に整え過ぎた眉はやり過ぎ感があるので、僕は細かすぎるケアはしていません。

確かに清潔感はあるかもしれませんが、少しは隙を見せましょう。完璧すぎても近づきがたいです。

 

ヒゲがジョリジョリしていて顔を近づけたくない、眉毛の手入れがされていなくて残念、を回避しましょう。

 

歯磨きは基本

 

口臭はエチケットの基本です。歯が茶色くありませんか?食後必ず磨いていますか?
5分のタバコより歯磨きです。気分もすっきりして口臭が消えます。

 

社内で歯磨きをしていたり歯ブラシを持ち歩いていれば、『歯磨きをしっかりしている人』と認識されます。イメージです。清潔感です。

 

歯ブラシだけでなく、毎晩フロスもしましょう。
歯の間に食べ残しが挟まったまま朝を迎えると、とても不衛生です。自分ではわかりませんが、きっと相手が感じる臭いはすごいと思います。

 

僕も実際フロスをやり始めてから、『フロスをしていない人の食べかすの臭い』が分かるようになってしまいました。本人は恐らく気づいていません。

歯磨きは毎日行うものであり対人関係や清潔感の超基本です。


口が臭くて近づきたくない、を回避しましょう。

 

肌荒れしない生活を心がける

 

肌荒れは目に見えるマイナスイメージです。しっかりした食事と睡眠で体を整えましょう。

入浴した後にしっかりスキンケアを行いましょう。手の部分でお伝えしましたが、カサカサの肌は良く見られません。

 

せめて化粧水と乳液はつけましょう。肌の潤いに日々気を遣うことで数年後の肌が違います。
男性なので別に高いモノでなくてOKです。余計な添加物が過度に入ってなければ、安価な物にしましょう。

お勧めは無印良品の化粧水です。安くてパッケージシンプル。いつでも買えます。


生活が乱れていてだらしなさそう、を回避しましょう。

 

 

 

はい、お疲れさまでした!


以上の事を日々行っていれば、確実に清潔感においてマイナス点はつけられません。

 

ここから更にプラスな印象をもたれる為にはもう段階の努力とケアが必要ですが、男性の最低限の身だしなみはこれくらいで良いと思ってます。
逆にやり過ぎると引かれます。僕が清潔感において気を付けているポイントがここです。やりすぎない。


恋愛だけでなく、友人関係や仕事関係でも清潔感は非常に重要です。
相手に不快感を与えないようにして、気持ちの良い日々を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました