アイスランドの首都レイキャヴィークはどんな場所?【旅行記4日目】

スポンサーリンク
日々の出来事
スポンサーリンク

今日は4日目!

前回は、スナイフェルス半島のツアー模様を紹介しました。
www.housework-kuma.com

 

ここまで毎日ツアーに参加しての最終日という事で、今日は疲れを癒しながら首都レイキャヴィークの街を観光します!

 

寂しすぎる…もうさよならなんだねアイスランド…

大自然だけじゃないアイスランド!街だっていいんだよって所をご紹介しまっす!

 

アイスランドの首都 レイキャヴィーク

 

f:id:mori-no-kuma:20190815233925j:plain

まず訪れたのは1日目にレイキャヴィークに着いた際、目に飛び込んで気になっていたハルパ・コンサートホールです。

f:id:mori-no-kuma:20190815233924j:plainf:id:mori-no-kuma:20190815233920j:plain

 

ガラス張りの外観で、形もオシャレです。
こういうセンスが惚れ惚れするような建築物やデザインを見ると、北欧に来たな~って実感しますね。

 

f:id:mori-no-kuma:20190815233921j:plain

中はホールとショップに分かれていて、店頭にスーパーかわいいチワワがいました…

アイスランドでは犬は珍しい存在なんです。街を歩いていてもなかなか出会いません。

それもその筈。アイスランドは絶海の孤島の国なので、独自に生態系が発展してきました。
生態系を壊す可能性がある危険性から、国外からの動物の持ち込みは厳しく制限されています。

申請しても検疫は厳しく、登録料は高額。飼育は一軒家に限られているという事。

 

ふむ、このチワワさんは貴重なんですね!

 

f:id:mori-no-kuma:20190815233731j:plain

あ!ジョーズ!

 

意外な所でディザスタームービーの代表作に出会えました。

映画のポスター1枚だけで画になりますねぇ…

 

f:id:mori-no-kuma:20190815233909j:plain

その先を少し歩くと、ミニシアターがありました。
映画好きな僕としては覗かない訳にいきません。

f:id:mori-no-kuma:20190815233810j:plain

ここで私の好きな映画『シング・ストリート』のポスターに出会いました!
こんな所で海外版ポスターを見る事ができ、テンションアップ!

アイルランドのお話ですし、近いっちゃ近いですしねアイスランド。

 

f:id:mori-no-kuma:20190815233814j:plain

こちらは上半身が石になった方。
もはや高度すぎて、これが街の中で何を表しているのかわかりません。

 

f:id:mori-no-kuma:20190816232745j:plain

映画だけでなく、北欧の街らしくアート感が至る所に見られるレイキャヴィークの街。
建物は壁に描かれたアートは、通るたびに目を止めてしまうデザインでした。

 

f:id:mori-no-kuma:20190815233819j:plain

レイキャヴィークは街の中で、ネクタイの巻き方だって教えてくれますよ。
通勤途中にうっかり忘れても、大丈夫ね。

 

f:id:mori-no-kuma:20190815233723j:plain

こっちは隕石が降り注いでます。
いや、火山の国なので噴火した火口から飛び出た噴石ですね!多分。

 

最先端な物に囲まれて生活するのではなく、自分たちの工夫や感性を楽しんでいる姿が街から感じられました。

 

f:id:mori-no-kuma:20190815233746j:plainf:id:mori-no-kuma:20190815233701j:plain

とりあえず落ち込んでる人いたんで、声かけてきました。
あいつ、少しは元気になったかな。

 

f:id:mori-no-kuma:20190815233759j:plain

こちらはカフェの窓を掃除するお爺さんの写真。

便利な機械も効率性も、そこにはありません。
これで十分なんです、この街は。

ほのぼのとした画に癒されます。

 

f:id:mori-no-kuma:20190815233904j:plain

こちらは郵便屋のお爺さんの写真!
これはこの日撮影した写真の中で、最高の1枚になりました。
洋服、カバン、標識、外壁…赤と黄色のマッチ感がとてつもなくグッド!な1枚。と思ってます。

 

f:id:mori-no-kuma:20190815233852j:plain

 

そしてこちらはハットルグリムス教会
街の中で目立つ高さの建物なので、何処にいてもすぐ目に入ります。

 

f:id:mori-no-kuma:20190816230604j:plain

こちらの教会は入場無料です。塔の上に昇るには1000クローナ程かかったと思います。

f:id:mori-no-kuma:20190816230653j:plainf:id:mori-no-kuma:20190815233847j:plain

中は広々としたホールで、とても立派なパイプオルガンが!
海外の教会に初めて訪れましたが、重厚感がある雰囲気に圧倒されました。

塔の上までエレベーターで昇ってみました。

 

わお!

 

f:id:mori-no-kuma:20190815233839j:plain

 

外の景色は、レイキャヴィークの街が一望できるパノラマ感!

f:id:mori-no-kuma:20190815233837j:plain

 

f:id:mori-no-kuma:20190816232925j:plainf:id:mori-no-kuma:20190815233827j:plain

こうしてみると建物それぞれが本当にカラフルでかわいい作り!
日本の街風景を見慣れた僕からすると、とても新鮮な景色でした。

 

明日の早朝のフライトを考慮し、今日は早めにホテルに戻って休む事に。

最終日はレイキャヴィークの街をのんびりと周る観光で、楽しかったです。

 

本当はもっともっと色々なスポットを回ったのですが、写真撮影をしておらず…

 

くうーーーーーーーーーーもう一回行きたいアイスランド!

 

この国の素晴らしさを、皆さんにもっともっと伝えたいです。

 

必ずもう一度訪れて、その時はまた旅行記を書くぞおおおおお!

 

手つかずの大自然が多く、訪れた人を必ず感動させてくれる素晴らしい土地。

今の時代に失われている感性や環境、そして人の温かさが溢れるこのアイスランドで、ぜひ皆さんも旅をしてみてください!

 

f:id:mori-no-kuma:20190823143104j:plain

「ここが私のANOTHER SKY!
アイスランド!」

 

って感じで終わっときます。笑

 

読んでくださり、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました