クマログ

Mr.Children、音楽、映画、家事、ライフハック、考え事について、森から熊が発信するメディア。

ブログ初心者の僕が記事を3倍早速く書ける様になった方法【今すぐ出来る】

f:id:mori-no-kuma:20191027224108j:plain

ブログ記事の執筆時間に悩んでいませんか?


効率が悪い
執筆に時間がかかる
書くことが上手くまとまらない


様々な悩みがありますよね。
特にブログを初めて間もない初心者の場合は、執筆時間がかかる事が多いです。

でも大丈夫です。
僕も同じでした。けど、この方法を試して物凄く効果が出たんです!

1記事目には6時間かかっていたブログ執筆

今では

1〜2時間程度で3000文字以上の記事を書くことができる様になりました!


その方法を紹介します!

1年間の執筆時間の変化

f:id:mori-no-kuma:20191027224115j:plain


僕は一年前ほどにブログ知識ゼロの状態でブログを始めました。
一番始めに書いたのはこの記事。

www.housework-kuma.com

昼前に作業を始めて、7時間をかかった事を今でも覚えています。
書き始めたら意外と文章が出てくる物で、3000文字を超えました。

今では一番アクセス数が多い記事なんです。不思議な物ですね。


やっぱり時間がかかると充実感もありますが、こんな事が毎回続いてはかないません…


そこから半年経ち、ブログを書くことに慣れてきます。
この半年間で僕は様々な試行錯誤をし、自分なりに合う方法を見つけました。

半年経過時点で3000文字書くのには2~3時間あれば仕上げる事ができる様になりました。

記事内容によらずこの程度の所要時間だったので、自分の行っている方法が効果を表しているのを実感じました。


そして1年経った今では、PCに向かい記事執筆にあてる時間は1時間半~2時間程度あれば仕上がりにもっていけています。
完全に一連の行動が仕組み化されました。


3000文字が2時間程度で書けると、執筆ペースがぐっと上がりますよね。


それでは、僕がどんな方法を実践しているか。

3倍速く記事を書く方法

とにかくスマホにメモ

f:id:mori-no-kuma:20191027224122j:plain

頭の中に思いついたアイデアや誰かに伝えたい内容は、少しでも時間が経つと意外に抜けてしまうもの。
全て抜けはしないものの、その時のニュアンスや感情は思いついた時が一番鮮度が高いです。

後になってPCの前で思い出すなんて時間の無駄です。

なので常にすぐにメモします。
どんなに小さな事でも言い回しでもOKです。

それが自分の伝えたい事なのだから。



f:id:mori-no-kuma:20191027224828p:plain

因みにこの写真は僕がスマホにメモしている一部。これはネタをぽんぽん打ち込んでいるだけのメモ。

今から書こうかな〜と考えている事のイデアや骨組みを箇条書きにしてますね。
きれいになんて書かなくていいんです。覚えている事が大事なので。

ちなみに『如何にパワーへ変えるかTMR』というのは『T.M.R西川貴教さんが嫉妬を嫉妬で終わらせるのではなく、自分を高めるパワーとしてプラスに利用する』という素晴らしいお言葉を残していたのをメモした物です。

僕だけが分かればいいんです笑


f:id:mori-no-kuma:20191027224909p:plain

こちらは大好きな映画『ファイトクラブ』についての記事を書くにあたり、映画を観ながらもう一度考察や内容を箇条書きにしたもの。

文体や体裁なんて気にしてません。自分が閃いた、感じた時の感覚がこのメモには入っています。

このメモを見ればその時のイメージが湧いてきて、再現度高く文字におこすことができます。

僕は通常の記事であれば、題材の中に伝えたい事が3つ箇条書きで出てくればとりあえず書き出します。そこからは自分の頭の中の考えが手を動かしてくれるので。



皆さんに一つ質問をします。


一年前に行った旅先の旅行記を書いてくださいと言ったら、一年前と今ではどちらが鮮明に書けますか?




………もちろん、一年前ですよね。

それは記憶がはっきりしているからです。
人間の記憶はかなり曖昧でどんどん薄れていきますし、勝手に都合よく改変したりしてしまう物。


一週間に思いついた記事ネタでさえ、今ではその当時と同じ気持ちでは書けません。


メモは思いついたその一瞬の感覚や言い回し、伝えたい事をパッケージできるんです。

鮮度が命です。

この様にメモする事はブログ執筆において非常に重要で、執筆時間そのものを短く効率的にしてくれる効果があります。


とにかく、メモしましょう。


メモはあなたの力になります。


執筆方法を2種類に分ける

f:id:mori-no-kuma:20191027224538j:plain

記事の書き方ですが、僕は2つの記事を並行して執筆する事が多いです。

その理由として

思考型 調査型 に分けると効率が良いからです。


思考型とは?

普段頭の中に思い浮かんでいる事や考えている事。

・もっとこうすれば家事が楽にできるのに
Mr.Childrenの良いところってここだよな
・今問題になっているニュースに関して、僕はこう感じているな

こういった物が挙げられます。

自分の頭の中で考えられたり、イメージが湧いて文章の終わりまで着地できる物。

知識や経験が頭の中備わっている内容ですね。

思考型の強みとして、どこでも書ける事が挙げられます。電車でも移動中でも隙間時間でも場所や時間を問いません。
スマホさえあれば、あとは自分の頭がスラスラ文章を進めてくれるから。

いま書いているこの記事も、電車の中や会社の休憩時間を利用して書いてます。思考型ですね。


調査型とは?

数字や情報元などを調査しなければ把握できない記事を書く。

Mr.ChildrenのCD売上ランキング記事を書こう
・今持っているカメラの記事を書きたいから、性能を調べよう
・好きな俳優の記事を書きたいから、ちゃんと細かい事をまで調べなきゃな

これらが例です。
記事を執筆するにあたり数値や正しい表現方法などの情報を必要とする内容ですね。

調査型の強みとして、記事の説得力がある所が挙げられます。数字や正確なデータは信頼して閲覧できる安心感が生まれます。

細かい情報を調べるにはスマホではなく、PC作業の方が見やすく操作も捗りますよね。


つまり
思考型
→どこでもできる。主に屋外でスマホ執筆。
調査型
→落ち着いて作業できる環境が必要。主に屋内でのPC作業が望ましい。


思考型を家やカフェでバリバリ執筆するのはもちろん良いですが、調査型は外ではなかなか書けません。

なので僕は

仕事がある日や忙しい日→思考型
休日でゆっくり時間取れ環境がある日→調査型

こんな感じて一週間ブログを書いています。

場所と環境で分類し、作業を効率良く進めましょう。


7割で記事を一旦公開する

f:id:mori-no-kuma:20191027232005j:plain

え?7割で公開する?残り3割は完成していないのに?
そう思われた方もいるかもしれません。

なぜ7割にとどめるか?



一つの記事を完璧に仕上げようとするから時間がかかるのです。


記事なんて手を入れようと思えばいくらでも修正できる物。時間はどんどん流れていきます。

7割程度で一度仕上げて完成の全体像を見直しましょう。
構成のバランスが悪いのか、色が足りないのか、文章にメリハリが無いのか、伝えたい事が弱いのか…

そこで初めて、この記事には何が足りなくて、残り3割はどんな手を加えれば着地できるのか。そんなイメージが掴めてきます。俯瞰して自分の記事を見直すんです。


完璧主義の人って基本仕事できないですよね?
次のタスクが溜まっているのに、自分の満足度を優先して自己満足で無駄に時間をかける。

そんな記事の書き方はやめましょう。あなたには、次に書くことがまだまだあるのだから。


そして、7割できたら一度記事を公開してみましょう。

え?7割しかできてないのに公開なんてできない?
わかります。誤字脱字のチェックや仕上がりが不完全で、まだまだ手を加えなきゃいけないですもんね。


でも大丈夫、安心してください。
ブログ初心者のあなたの記事を公開しても、すぐに世界中の人が目にする訳では無いですよ。   

ネットの世界は開かれているので、誰でもすぐに閲覧できる様なイメージがあります。

しかし実際ブログ初心者のドメインパワーでは、公開してすぐにアクセス殺到なんて事はありません。

発信したツイッターやブログ記事をすぐに見られるのは、人気ブロガーや有名人だけです。初心者にそんな影響力はありません。


だから大丈夫です。公開してみましょう。

これが不思議なもんで、公開すると『すぐに見られはしない』とわかっていてもなんとなく『早く仕上げなきゃ』と思う訳です。

見られている感覚で、スピードアップですね。
7割完成していて問題点も洗い出せているので、ここからは早いです。

完成はもうすぐですよ!


誰だって少しの工夫で速く書ける

f:id:mori-no-kuma:20191027224117j:plain

では、まとめますね。

ブログを早く書くには

・普段からとにかくメモをする。メモはいつか活きてくる。その瞬間のイメージを閉じ込める。

・場所と環境により執筆方法を替えて、2つの記事を同時進行させる。効率良く作業を進める。

・記事は7割で一度投稿し、全体を俯瞰して確認する。見られている意識で、より良い物を仕上げる。


こういった経験則と一緒に、他の方の方法も参考にすると更にスピードはアップします!

僕が他に参考にした方法はこの本から学びました。速く書くという事以外にも、文章の書き方自体とても吸収できる事が多かったです。


10倍速く書ける 超スピード文章術


ブログ知識が全く無かった僕でも早くなれたんです。きっとあなたも早くなりますよ!

www.housework-kuma.com


ビジネスにうまい文章はいらない 「書き方のマインド」を変える新・文章術55