Search of the Good Life

家事と趣味に生きる30代男性。そんなkumaが考え、綴る日常。

私が結婚式を挙げなかった理由。本当に必要か、もう一度自分の胸に尋ねてみて。

f:id:mori-no-kuma:20181102224254j:plain

こんにちは、kumaです。

突然ですが、結婚されている皆さん。
結婚式ってやりましたか?


かなり多くの方がされたのでは?と思います。

ですが式をしないという方が、近年増えているというのもよく耳にするようになりました。


私も式はしませんでした。

様々な意見がある中で、「私が結婚式を挙げなくてよかった理由」を書いていきますよ。



結婚式を挙げなかった理由

必要ないと思ったから

今の妻とは6年半交際し、結婚をしました。
お互いに当初から結婚式には億劫でいました。

元々、人前が得意ではありませんでした。
その二人が主役となり、周りに幸せを披露する。

考えただけでも面倒という気持ちでした。


親の為にやる物、という事もわかっていました。
ですが、それは凄く窮屈な気持ちでした。


からしたら自分が作った子供が
一人前になった姿を見たいからですよね。


私個人の意見や考えですが
子供を作るというのは自分の私利私欲の為だと思ってます。


もちろん私にも子供ができたら可愛がるだろうし
お互いにわかり合いたいと思います。


でもそれ以前に、自分の選択する人生を
生きてほしいと思います。


自分が可愛がりたいから産んで
愛情を持って育ててるよと語りかけ
立派に成長した姿が嬉しいよと喜ぶ


これって完全に親の自己満足です。
 


私は別に親の満足感を満たす為に生きているのではない。


「育ててくれた親の為に結婚式をやりたい」こう心から思えなかったのです。



不仲な訳ではありません。
たまに食事もするし、趣味にも付き合ったりします。
育ててくれた事にもたくさん感謝はしています。

ですが、自分の人生の行動は自分で決めたいと思ったのです。


感謝の気持ちを式の場で伝えたい。
勿論良いと思います。意味もある事です。


ですが、私はそう思わなかっただけ。
感謝なら式でなくても別の行動や言葉で伝えられる。


親しい友人にも親戚にも直接会いに行き伝えました。


皆やってるから?
昔からある物でやっているから?



そういう発言をしている人とは一歩距離を置きます。だから何なんですか?


私は今の時代のそれぞれの価値観や生き方が尊重されるべきだと思っています。




必要のない所に無駄なお金を落としたくない

結婚式はビジネスです。ぼったくりの。


何故「高いね〜…」と言いながらお金を出すんでしょうか。見栄ですよね。


私達に慣例として入ってきたご祝儀が
直ぐにふっかけられたプラン代へと姿を替えます。


愛という無形の物を披露するのにこんなにもお金がかかる物なのかと驚きます。


結婚式といい葬式といい、冠婚葬祭って本当に意味の分からない慣例ビジネスです。


何で花投げて5万なんですか?
亡くなった方に良い名前つけて何で50万なんですか?

慣例や決まりごとだから。皆に楽しんでもらいたいからとか思考停止しないで
落ち着いて考えてみてください。本質を考えてください。


必要ですか?


本当に祝いたい人が集まって
料理や贈り物を持ち寄って、昔の話をして
それぞれに楽しんで幸せを祝う。


そんな物で良いのではないんでしょうか。
なぜ中間業者に搾取されなければいけないのか。


一年間必死に働いてきた時間とお金
それが一日で見せ物出し物をやって
消えるって驚きです。私には理解できないです。




式を行わなかった時間とお金で手にした物

一度で飛んでいくお金。
打ち合わせと準備の為に無くなる時間。


私たちは自分の為に使いました。


元々休みが合わない事が多かったので、休みが合う日は二人の時間好きな様にを楽しみました。


私たちには
演出を考えドレスを試着し、毎回決めごとをするよりもとても良い時間でした。



そして式をしないなら好きな事をしようと決めていたので、二人で旅行をしました。


行き先はアイスランド


f:id:mori-no-kuma:20181102225510j:plainf:id:mori-no-kuma:20181102225504j:plain


f:id:mori-no-kuma:20181102225420j:plainf:id:mori-no-kuma:20181102225347j:plain



本当に好きな事、やりたい事を目一杯楽しみました。


旅行から帰ってきて興奮のあまり
「人生変わった!」と話す人がいますが
それは個人的には無いと思っています。


ただ旅行後のテンションで、非日常の体験に興奮しているだけです。


ですが、自分の心の中に何かが強く残った感覚がありました。


生活感覚、国家としての在り方、雄大な自然。


生活や生き方、仕事に対して。
決して一時的な物ではなく帰国してから今日まで
多くの事に関して自分に影響を及ぼしています。


旅行に行って楽しんだ。
という単一な物ではなく


様々な部分で影響を受け
一つのアイデンティティとなりました。


恐らく私たちが結婚式を行っていたら
人生の中で交わらなかった出来事かもしれません。


その分の時間やお金を費やしていたからです。


自分の時間を差し出して得たお金で
本当に価値のある時間を過ごす事ができました。




皆さんに考えてほしいこと

私は結婚式をやる人たちを否定している訳ではありません。
それがその人たちにとって価値のある行動や時間であるなら最良だと思うからです。


ただ、私は価値を感じないから行わないというだけです。


企業やメディア、世の中の作られた幸せや嘘に騙されず、皆それぞれが幸せを選択できれば良いと思っています。

だからこの記事を読んだ方の中で
もし式をあげるか迷っている方や同じ気持ちを持っている方がいるとすれば

あなたの考えや意見は間違っていない

それを感じてもらえれば何よりです。



それぞれの幸せを、それぞれの考え方で。

www.housework-kuma.com