クマログ

Mr.Childrenや音楽や映画や家事や考え事について熊がしゃべるメディア。

『人間関係が凄く楽になる!』嫌いな人を好きになる方法を一ヶ月やってみた!

こんにちは、kumaです。


皆さん、苦手だったり嫌いな人っていますよね?

思い浮かべてください…?





………









ああそうそう!その人です!


毎日顔を合わせなければいけなかったり、仕事などでどうしても関わらなくてはいけない機会ってありますよね。



そんな不安や心配が少しでも無くなれば、もっと毎日楽しくなると思いません?

それも相手と争わず、傷つけずに!


はい!こちらも想像してください!







………











毎日楽しそうじゃないですか……^_^笑



今日は私が実践した

『嫌いな人を好きになる方法を一ヶ月やってみた!』

を話しますね!


なぜ人を嫌いになる?

f:id:mori-no-kuma:20190205153022j:plain

苦手な人や嫌いな人。
いつの間にか距離を置きたくなってしまったり、自分から避けるように…


なぜそうなってしまうんでしょう。


それにはいくつかの理由があります。


嫉妬

f:id:mori-no-kuma:20190205143846j:plain

自分に無いものがある人、自分の価値観では考えられない行動思考の人。
人は自分の身を守るために、自分が正しいと思い込みます。

人は皆それぞれ異なる人間です。
違うのが当たり前なのに、人が作ったシステムの上で勝手に優劣をつけてしまう。


「あいつは仕事で表彰されて友人も多いのになんで俺だけいつも独りで残業なんだよ…」

「私はこんなに辛いのにあの人は毎日楽しそうにSNSでたくさんの人に笑ってる」

「え!?お前彼女できたの?なんで!?いやなんで!?だってお前より俺の方がかお…」


人間関係やSNS疲れになるのは、自分の自尊心消耗しているからですよね。

自尊心が高ければどんな状況でも乗り越える事ができますが、なかなかそうはいかない物。

そうすると自分の精神を保つ為に、相手に理由を探そうとします。
そして苦手な人をどんどん作っていく。


自分に危害が及ぶ

f:id:mori-no-kuma:20190205144025j:plain

周りにいませんか?常に何かに当たっていたり、誰かを口撃、攻撃している人。

もちろんこういう人に対しては、自分の身を守る為に無意識に防衛本能が働きます。

その人は弱く、何か他の物に理由を見つけないと自分を正当化できないのです。
助けてあげたいものですが、攻撃されるとなるとそんな気も無くなってしまうのが本音。


相手に求めてしまう

f:id:mori-no-kuma:20190205144231j:plain

人間関係でこう思ったりする事はありませんか?

「この仕事明日までにやっておいて言ったのに全然できてないじゃないか」

「いつも家事をしているのは私だけ、なぜあの人はやってくれないの?」

「あの人はなんでいつもあんな性格なんだろう…直してくれよいい加減…」


自分の意に反する行動を取られると、どうしても相手に対して残念な気持ちが湧いてきます。その為、無意識に自分から遠ざけ嫌いになってしまいます。


でもこれ、裏を返せば
『相手に期待をしている』からなんです。

嫌いなのに期待している?そんなハズ無い!
そう思うかもしれません。

しかし先程の例は
全て相手に『こうあってほしい』
という願望や期待を持った感情から生まれています。

「この仕事明日までに〜」
→明日までに仕事を完了させてほしい

「いつも家事をしているのは私〜」
→私だけでなくあなたもやってほしい

「あの人はなんであんな性格〜」
→あの嫌な性格を直してほしい

これ当たり前と思うかもしれませんが、無意識に相手へ意思を押し付けています。


嫌いというのは単純なマイナスイメージの様に聞こえますが『こうなってほしい』という期待なんです。


期待を満たせば自分側の世界から見たら満足した結果かもしれません。
しかし相手も思っている筈です。
「なんで言われなければいけないんだ」と。


では具体的にどうすれば、自分が抱いてしまう『嫌い』という感情を減らす事ができるのでしょう。


相手の存在を認める

f:id:mori-no-kuma:20190205144527j:plain


私が行った方法は 『自分から相手を好きになってみる』という事です。


相手の人間性や性格、行動を変えるのは無理です。

自分が変わる事で、周りに良い影響を及ぼすんです。

頭の中に嫌悪感がある状態では、何を考えても嫌な感情に引っ張られます。
普段は何とも思わない事でも、その心理が影響してマイナスなイメージを抱いてしまいます。

恋人の事を一度でも嫌いになり始めると、あれもこれも嫌になっていくのと似ていますかね。


お互いの存在を良くも悪くもまず『認め合う』
ここがやっとスタートラインです。

嫌うというのは確かにマイナスイメージかもしれません。
しかし『相手の存在を認めない』
これが最も冷たい感情だと思います。



私にも職場で苦手な人がいます。
・自意識が強い
・接する相手に敬意を持っていない
・自分が皆の中心にいないと不機嫌になる


うーん苦手ですわ…

しかし、何かを変えなければずっとこの関係は続いてしまうと思い『自分から変わる事』を選びました!


私が行った具体的行動3つ

頭をまっさらにして相手の良い所を探す

f:id:mori-no-kuma:20190205145334j:plain

相手の事を嫌というイメージが頭を支配している状態では、フラットな感情で相手の事や行動を判断できません。

何か相手とトラブルなどがあって焦っている自分がいたら、ひと呼吸置いて落ち着く事を始めました。

冷静になる事で、負の感情がエンドレスで広がる事にストップをかけています。

そしてトラブルとは切り離し、落ち着いた状態で相手の良い所を思い浮かべてみます。

「そういえばこの間あの仕事を片付けてくれてたよな…やっぱり作業スピードは早いんだよな…」

「皆と話してる時すごくイキイキしてるな。人を楽しませるのが好きなんだろうな。いい所だなー。」

誰にだって良い所や悪い所があるものです。それが合わなかったり、お互い利害関係が一致しない時に嫌悪感をもたらす物。

相手の良い所を積極的に見つける様にして、まず自分から心の扉を開く準備をしよう。


目を合わせる、笑顔を見せる

f:id:mori-no-kuma:20190205154655j:plain

これは基本だと思いがちですが、嫌いな気持ちになった相手にはなかなかできない物。

「何であんな嫌なヤツにこっちからヘコヘコしなきゃいけないんだ」

そんな風に思っていては、人間関係は何も改善しません。
何事も相手を変えたければまず自分から。

だって急に相手から笑顔で挨拶されて接し方が変わったら嬉しいですよね?

笑顔は『私は貴方に危害を加える相手ではありません』というサインです。
意識して話すだけでもかなり印象は変わってきます。

嫌いな相手に初めは少し大変かもしれません。

しかし慣れてくると『嫌いな相手にも笑顔で接する事のできる余裕』が自身に生まれます。
自己肯定力がアップするんです。

そして話す時は目を合わせる。
これも心を開く大きなきっかけです。

目を合わせないままコミュニケーションを取ると、相手は疎外感を感じます。
目を合わせる事は『私は貴方と関わりを持とうとしています』というサインになります。

直接目を合わせるのが苦手なら、相手の眉間の辺りを見る様にしましょう。相手も凝視された印象は受けません。


私も慣れない相手と接するのは苦手ですが…


アイコンタクトってすごく大事ですよ!


名前を呼ぶ、相手を認めて褒める

f:id:mori-no-kuma:20190205145356j:plain

こまめに相手の名前を呼びましょう。

呼びかける時だけでなく、会話の中に敢えて名前を入れましょう。

相手は名前を呼ばれる事で、認められていると自然に意識づけられます。

そして褒めましょう。些細な事でも良いことは素直に声に出して。
思っているだけでは相手に伝わりませんよ。


男性は特に言葉に表す事が苦手かと思いますが
「この仕事をお願いして良かったです」「ありがとう」など一言でいいんです。

褒められて嫌な気持ちになる人はいないですよね。


この3つを繰り返し行い、相手に良い印象を植え付けます。
それが、次第に相手の行動も変えていきます。



3つのポイントを行う注意点

f:id:mori-no-kuma:20190205155337j:plain


自分から行動し、相手の反応が出ると嬉しい物です。しかし注意点が一つ。


相手のリアクションに快感を覚えて、自分の行動に対する報酬にならない様にすること。

あくまでも目的は『自分が相手を好きになって人間関係を円滑に進める』
これが着地点です。

相手を褒めちぎったり、過度にすり寄ったりしない。
調子に乗った相手に対して許容と対抗の線引きをし、自分には反抗の意思がある事を表す。
舐められない。嫌な事は嫌と断る。

従属や依存ではなく、対等に良い関係を築く事がゴールと考えてくださいね。


私が1か月実際にやってみた結果。

f:id:mori-no-kuma:20190205155635j:plain

まず相手の良いところを思い浮かべてみたんですよ。
すると素直な感情で『あの人良い所がたくさんあるな』って気付きました。

勝手に思い込んで一人で感情の穴に落ちて行って、もったいなかったなあ今までの時間やエネルギー…

自分よがりな感情で物事を考えていては、気づけなかった物。

悪い所ばかりに目を向けていては、人間関係は進みません。
そこからは単純に相手の事を少しずつ尊敬していくようになりました。


接する時は笑顔で目を合わせる。小さな事でも話題にあげ、相手の名前や良い所を褒める。

これを積み上げていくだけで、自然な関わり合いが段々増えてきたんです。
相手からも話しかけてくる回数が多くなり、良いスパイラルが生まれます。


別に何でもない話なんですよ。

部屋がきれいそうとか、お米を土釜で焚いたら美味しかったとか
今日は○○さん全身黒だねとか、パートナーと休み合うのかとか


文字に起こすとホントにどうーーでも良さそうに見えることばかりなんですけど笑


ただそれが一つずつ、本当に一つつですけどお互いの距離を縮めていった感じがしました。


ほんの少し自分から行動をするというだけで、こんなにも気持ちよく相手と接する事が出来るようになるなんて思ってもみなかったです。

もっと早くからやっておけば良かったよなーこれ、と本当に思いました。


今ではその人とすごく良い関係です!
話すのが楽しいですね。ホントに、
毎日の中の小さな悩みごとから一つ開放された気分。




まとめましょう!

・笑顔や声掛けを『自分から』行う
・良い関係が築き始めたら、ひたすら繰り返す
・目的は対等な良い関係が築ける所が着地点


誰だって相手と仲良くしたい、という潜在意識は持っているものです。


もう一度、苦手な人を思いうかべてみてください…




明日、その人に自分から笑顔で話しかけてみませんか?