Search of the Good Life

家事と趣味に生きる30代男性。そんなkumaが考え、綴る日常。

男だけどドライフラワー探して行き着いた所がminneだった

f:id:mori-no-kuma:20180916095025j:plain
こんにちは、kumaです。


主婦・主夫の皆さん
リビングやキッチン、玄関にそれとなく飾って近所の奥様に「これ良いね、どこで買ったの?」と言われる物といえば?



一人暮らしの皆さん
部屋に置いて友達に「あ、、こいつ何か意識たけえ、、、」と思われる物といえば?










そう、正解はドライフラワーです。

え?あくまでも私の憧れ主観です。



という事で、kuma家もドライフラワーを増やそうと花活動に取り組む事にしました!




ドライフラワーを探しに行ってみた

f:id:mori-no-kuma:20180916095119j:plain

家に既に飾ってあるこの2点。妻がフラワーショップで買ってきてくれた物です。

もっと増やしたい!と思い、私も早速ドライフラワーを探しに街へ繰り出しました。


今ってフラワーショップ以外にも商業施設の中だったり、インテリアショップなど様々な所に置いていますよね。



「お、、あったあった!やっぱりかわいいな。、、、、ん」


「た、、高え、、」



そう、お値段が結構張るのです。
私がその場で良いと思ったあじさいのドライフラワーは4500円程度でした。


(今月他にも欲しい物がたくさんある中で、これにこの値段は出せないな、、かわいいが。)



その後どのショップで見ても同じくらいの価格帯で販売。
世の中の奥様は一体どこにこの値段をスパっと払えるお財布をお持ち(隠し)なのだろうか。



その後1〜2ヶ月程度ぼんやりとドライフラワーの事を考えていて、妻にも話してみました。

「私が前アクセサリー買ったサイトでドライフラワーも売ってたよ、安かったし。minneってとこ」


「ミ、ミンネ?」

minneを調べてみた

調べると一般の方が作製したハンドメイド作品を購入できるサイトらしい。
サイト名もまたそれっぽい可愛いのつけてるなーと思ったが由来を調べてみると、博多弁の「やってみんね」「みてみんね」からとっているそう。
一周回ってかわいいぜ。男性の私もなんとなくしっくりきた。

ハンドメイド作品を販売・購入できる! ハンドメイド作品のオンラインマーケット≪minne(ミンネ)≫

ドライフラワーは勿論、アクセサリー、生活雑貨など幅広くやり取りされている。



ドライフラワーで調べてみると、、、
クオリティ高い。これが一般の方々が作った作品?と思う程。

「個人が興味のある、得意な物を発信し共有する。販売するチャンスを得る。」
という事が可能な時代になったんですね。
時代にどんどんとり残されていく。

minneで実際にドライフラワーを購入してみた

数ある作品の中から選び、気に入った物を購入!
到着日を楽しみに待ちます。


そして到着!ウチをシャレオツにしてくれるフラワー!
カモオオオオオオオオオン!!!

f:id:mori-no-kuma:20180916095154j:plain



おおおお・・・かわええやんけ。

お店で購入した様な感じです。作りもしっかりしていて素敵でした。


梱包なども勿論個人の方が行っています。
繊細な商品なので、しっかりケアしてくれていました。
今回は同じ作家さんから2点購入したので、送料も安くしてくださいました。


手紙も添えられてあり、大切に長く使いたいという気持ちになりますね。





そして場所。kuma家はリビングの壁に何も無く、越してきたばかりで寂しい感じでした。


そこに添える感じで長押につけてみました。
f:id:mori-no-kuma:20180916095224j:plain

いいですね!部屋のポイントになり、色味も落ち着きます。長く飾っていたいです。


今回は長押につけましたが
・チェストの上に置いてみる。
・天井から吊るしてみる。
・花瓶に生けてみる。

様々な楽しみ方があります!


minneでドライフラワーを購入して良かった事

値段が比較的安価

製作者の方も様々な技術レベルがあります。
勿論それに応じた値段で販売しているので、高価な物もあれば、手頃な価格で購入できる物もあります。
ハンドメイド作品という事で手が届きやすい価格帯というのが人気の理由だと思います。


男性でも購入しやすい

私は花を買うのは好きなのですが、男性が花屋さんの店頭で花を選ぶって少し恥ずかしい様な感じがする方も多いと思います。
男性がジェラートピケでひたすらプレゼントを選ぶ時間を想像してみてください。
minneであればお気に入りの一品を、周りを気にせず長ーくじっくりと選ぶ事ができます。(←これ男性に重要ポイントかと)
男性が家に花を飾る。女性への花を選ぶ。そんな機会がもっと増えればいいですね。


自宅や携帯で簡単に調べられる

minneでは様々な方の作品を手軽に調べる事ができます。
遠くの店に行き見つける。思った物が無い。
そういった手間のかかる作業やモヤモヤする気持ちをかなり減らす事ができます。


製作者が見える

街で販売されている物は基本的に商品のみが見える情報です。
minneでは
どの様な方が製作しているか
商品に込めた思い
紹介プロフィールや作品一覧、今回のお手紙の様にこれを直に感じ取る事ができます。購入者側もそういった物を知って手に取ると、長く大切に使おうという気持ちが強くなります。



結果、大満足でした。

手軽に手に入り、家のインテリアも少しずつ育てていく方向性や楽しさが増えていきます。
もし同じ様に考えている方がいたら、特に男性!
良いですよ。明日から花活しようぜ!

www.housework-kuma.com